あんず雨

戦国時代マンガやミステリーのコミカライズを手がけております☆キリシタン武将・明石掃部様を敬愛しております♪♪

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュリアが先か、おたあが先か

2016/01/31 15:06 ジャンル: Category:書籍
TB(0) | CM(0) [Edit]

楽天物欲ブログからの流用更新、ご無礼いたします。

フユヒさんへのレス(FC2ブログのコメント欄)で、『ジュリアおたあ』について書きながら、『ジュリアが先か、おたあが先か』でプチ迷ったりしたのですが…。

Wikiが『ジュリアおたあ』だし、例えばカスイさんは『ペトロ岐部カスイ』なので、洗礼名が先というのが一般的なのかな…と。

でも何となく、キリシタン史にさほど思い入れが無かった頃から彼女の名は知っていて、その辺りからの記憶としては『おたあジュリア』が優勢だったような…。

天正遣欧少年使節は『中浦ジュリアン』といった感じで、洗礼名が後ですが、彼らの場合、先になってるのは苗字ですし。
いまふと思ったのですが『ジュリアン中浦』だと、そこはかとなく『芸名』な雰囲気が☆

話は『ジュリアおたあ』に戻りますが、彼女が神津島に流罪になって以降のことはあまり知らなかったのですが、フユヒさんとのコメント応酬で、今更のように興味が湧いて参りましてー。

神津島…で思い出したのですが、確かジュリア、大島か新島か、先に別の島に流されたものの、彼女に感化されたキリシタン島民が激増してしまい、慌てた幕府が配流先を神津島へ変更~と、何かで読んだ記憶が…。

彼女の導きで入信したキリシタン、実際、多かったらしい雰囲気や、後家さん側室(有能秘書)で手堅く周囲を固めていたヤッスンこと徳川家康が、新たな側室に…とジュリアに迫ったらしい話(史実かどうかは不明☆)を考えますと、相当に『人柄の素晴らしい美女』だったのだろうな…と。

朝鮮の陣の折、小西行長さんが連れ帰って養女にした…というのは有名ですが、『両班(ヤンバン…朝鮮王朝の貴族階級)』の姫だったらしい…という記載、何の本で読んだのだったか…。
(麦畑で泣いていた…というのは別の姫でしたっけ?…うん。別の姫だった気が)

ジュリア、両班の姫だったのだとしたら、日本でヤッスンに望まれるほどの美女だったのだとしたら、戦乱さえなければ、朝鮮王朝史に名を残す王妃になっておりましたやも。(韓ドラ時代劇のヒロイン間違いナシ!的な)

そんな姫君が、異国日本で小西さん一家に愛されてキリシタンになり、穏やかな幸せを得られそうなところで、関ヶ原暗転、保護された先の徳川でも、信仰がネックになって流罪…。
(…うむ。このドラマチック過ぎ人生、やはり我が国ドラマより、韓ドラのほうが、見ごたえあるドラマになりそう☆)

欲しい本メモ更新のつもりが、長々と…。
あまり興味の先を増やすのも如何なものかと思いつつ。

おたあジュリア [ 田村襄次 ]

おたあジュリア [ 田村襄次 ]
価格:842円(税込、送料込)



商品基本情報

発売日: 2000年02月
著者/編集: 田村襄次, 平田都
出版社: サンパウロ
サイズ: 文庫
ページ数: 323p
ISBNコード: 9784805612224

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
16世紀末、豊臣秀吉による朝鮮侵略の時、キリシタン大名小西行長は、戦火で捕虜となった一人の幼子・おたあを救い出し、日本へ連れ帰った。やがて、おたあは洗礼を受け、ジュリアと名乗り、神への奉仕を誓う熱心なキリシタンとなった。強まるキリスト教弾圧の中で、心からキリストだけを愛し、慕い続けた一人の女性の姿を描く。


概略を知るには良さそうな一冊ですな。


前日記からの、『ジュリアおたあ』シリーズ。

ジュリア・おたあ [ 谷真介 ]

ジュリア・おたあ [ 谷真介 ]
価格:864円(税込、送料込)



商品基本情報

発売日: 2015年10月
著者/編集: 谷真介
出版社: 女子パウロ会
サイズ: 文庫
ページ数: 166p
ISBNコード: 9784789607612
商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
豊臣から徳川に移る戦乱の世に、朝鮮から連れてこられたひとりの女の子が、キリシタン女性として強く、美しく成長する物語。



お。↓電子書籍版も。



この本…。いつの間にか、もう買っておりました…。(このパターンで、同じ本をダブり購入しがちの愚者☆)


件の書籍をパラパラいたしましたところ、ジュリアが何歳で日本に連れて来られたのか、本当に両班の姫だったのか…は、謎のままなのだそうです。

ただ、流罪先で悲しい生涯を終えたらしい…という点は、数年前に出た新史料によって、見方が変わって来ているようです。

新たな史料の発見で、どんどん書き変わってゆく可能性のある歴史…。
まことにスリリングな学問でありますな。


いつもの宣伝、失礼いたします☆

↑↓コミカライズ版『死んだら働けない』を、ご収録いただいております。



↓引き続き、何とぞよろしくお願い申し上げまするーー!!




↓こちら「ボスとの契約」はKindle版です。併せて、よろしくお願い申し上げます!

「始まりはスキャンダル」も↑Kindle版」に♪

☆定期広告☆

↑Kindle版です♪(マンガ図書館Z タナベキヨミ「桃山灰神楽」他ページ
では無料でご覧いただけますので、まずはそちらで♪)

タナキヨ本舗(創作戦国マンガ個人誌☆タナベキヨミ直販)

マンガ図書館Z タナベキヨミ「桃山灰神楽」他ページ
↑↓引き続きこちらも…☆



コミック戦国無頼web.9(Renta!)
↑「闇よ、絢爛と」48ページをご公開いただいております。(有料です)
スポンサーサイト

『はやしら』

2016/01/29 16:08 ジャンル: Category:身辺雑記
TB(0) | CM(0) [Edit]

FBページからの流用更新、ご無礼いたします。

こんにちは。
わりと暖かめの朝だった下総も、昼前には深々とした冷え込みに。今は小雨ですが、『夜更け過ぎに雪へと変わる』展開に?

先日購入の雪スコップが出番を待ってる感じですが、出動無きままであって欲しいです。

今日も「ヒューマン・ターゲット」話題で萌え吠えたきところでありますが、ササッと短文更新で作業に戻らねばーと申します訳で…。

Up画像は、先日、林羅山関連書籍の検索中に出て来た『彼以外の候補』がツボを直撃、思わずスクショしたものであります☆

piyo26.jpg

最近賞味しておりませんなー。ハヤシライス☆☆

『はやしら』までの入力で、林羅山のほうが上に出てくれておりますゆえ、かろうじて『食い気より歴史』と言い張れますな。


いつもの宣伝、失礼いたします☆

↑↓コミカライズ版『死んだら働けない』を、ご収録いただいております。



↓引き続き、何とぞよろしくお願い申し上げまするーー!!




↓こちら「ボスとの契約」はKindle版です。併せて、よろしくお願い申し上げます!

「始まりはスキャンダル」も↑Kindle版」に♪

☆定期広告☆

↑Kindle版です♪(マンガ図書館Z タナベキヨミ「桃山灰神楽」他ページ
では無料でご覧いただけますので、まずはそちらで♪)

タナキヨ本舗(創作戦国マンガ個人誌☆タナベキヨミ直販)

マンガ図書館Z タナベキヨミ「桃山灰神楽」他ページ
↑↓引き続きこちらも…☆



コミック戦国無頼web.9(Renta!)
↑「闇よ、絢爛と」48ページをご公開いただいております。(有料です)

友情萌え宝庫「ヒューマン・ターゲット」♪

2016/01/27 12:13 ジャンル: Category:ドラマ
TB(0) | CM(4) [Edit]

FBページからの流用更新、ご無礼いたします。

こんにちは。
大雪でご難儀の地域に申し訳ないほどの暖かな陽光ふりそそぐ下総。
寒気のゆるみは有り難いのですが(冷え性)、スギ花粉本格飛散秒読みを感じ(花粉症)、複雑な気持ちとなっております。

曲がりなりにも戦国時代が舞台の趣味漫画を描いている身、本年大河の感想などを…と思いつつ、目下心を奪われつつあるのは海外ドラマ「ヒューマン・ターゲット」☆

テレビ東京「M・バレー劇場 ヒューマン・ターゲット」番組公式サイト

観始めた頃は「あー、またアクションメインかー。NCISやCSIみたいに頭脳戦も入ってるドラマがいいのにな~~」などと思っていたのですが…。

改めて気付きました…。己が、ドラマの設定やストーリー構成でなく、『登場人物の関係性』に萌えるのだということに…。

ズバリ「ヒューマン・ターゲット」、私の最大のツボどころたる『友情萌え』の宝庫なのですよ…。
昨日の回では、「主人公とこの人との間には『憎しみ』しかないだろー」と思っておりましたところへ…。

まさかの『屈折した、片想い友情』があったことが判明!
(この↑『屈折した片想い』というのが激ツボらしいタナベ)

(昨日のセリフなどを思い出し萌え中)

主人公と相棒とのドストレートな友情や、『みんな大好きゲレロ』のちょっと微妙な距離感、果ては『先代の「クリストファー・チャンス」』と主人公との短いやりとり等…どれもがツボ過ぎ…。

ってかチャンス(主人公)…。モテモテ無双…。(女性にもそれなりにモテておるが、殿方にモテ過ぎ☆)

このドラマ、登場人物の年齢が全体的にもう少し若めで、チャンスが「ホワイトカラー」のニールみたいな甘い系イケメンだった場合、もっと人気炸裂になった気が…。

ツッコミどころはそれなりに満載なのですが、キャラらしさを出すエピソードの織り込み方が、欧米人よりむしろ日本人の琴線に触れるドラマのようにも思われます。(まんまと食いついてるタナベ)



うぬー。序盤イイカゲン視聴でござりましたし、時間的に録画不可能ゆえに(家族の韓ドラ優先)、日本版DVDが出たら、購入してしまいそうな…。

(レヴューがあったことに気付き、チラ読み)
なるほど…。コミック原作…。ゆえに、ヲタク琴線に触れまくるポイント多めなのやも。原作のゲレロもあんな感じなのかしらん♪

『みんな大好きゲレロ』は、吹き替えのかたのお声と口調もキャラらしさを高めておりますゆえ、ぜひとも現在放映中の感じで、日本版メディアを発売して欲しいです☆

…お。あと少しで放映時間…。(ソワソワ)
萌え吠え、失礼いたしましたーッ!ではでは。


いつもの宣伝、失礼いたします☆

↑↓コミカライズ版『死んだら働けない』を、ご収録いただいております。



↓引き続き、何とぞよろしくお願い申し上げまするーー!!




↓こちら「ボスとの契約」はKindle版です。併せて、よろしくお願い申し上げます!

「始まりはスキャンダル」も↑Kindle版」に♪

☆定期広告☆

↑Kindle版です♪(マンガ図書館Z タナベキヨミ「桃山灰神楽」他ページ
では無料でご覧いただけますので、まずはそちらで♪)

タナキヨ本舗(創作戦国マンガ個人誌☆タナベキヨミ直販)

マンガ図書館Z タナベキヨミ「桃山灰神楽」他ページ
↑↓引き続きこちらも…☆



コミック戦国無頼web.9(Renta!)
↑「闇よ、絢爛と」48ページをご公開いただいております。(有料です)

津軽に流された、その人

2016/01/23 11:39 ジャンル: Category:身辺雑記
TB(0) | CM(0) [Edit]

FBページからの流用更新、ご無礼いたします。

こんにちは。
昨日は、楽天物欲ブログからの流用でFC2ブログのみ更新、こちらはどうしようかな…と思ううちに、就寝してしまいました。

今朝、ラジオで高山右近さん列福の正式認定報道がされておりましたゆえ、関連ネタでも…と思ったのですが、書き始めると興が乗って長くなってしまいそうですので、控えます。

(でも、書きたかったことのサワリだけ…)
先ほどラジオ再放送枠で『青森のキリストの墓』が取り沙汰されており、地元ではわりとナチュラルに名所認定されているらしいことを知って、ほほぅ…と思ったりしたのですが…。

青森…津軽は、高山右近さんと加賀時代を共にした、あるキリシタン武人の配流先…。

ちょこっと検索いたしましたところ、キリストの墓があるのは津軽でなく南部地方のようですが、キリシタン史跡が多い東北、配流キリシタンと何か関連があるのかも…と妄想を膨らませた次第です。

その、津軽に流されたキリシタンは、高山右近さんでなく、明石掃部様と行動を共にするほうが自然だったようにも思える人なのですが…。

高山右近さん列福によって、加賀での、彼周辺の人々の研究も活発になり、『津軽に流された、その人』のことも明らかになってゆくと良いな…と思います。(他力本願☆)

配流先、『マニラ』と『津軽』を分けたのは何だったのかも気になり始めました…。

連想が連想を呼び、妄想が妄想を呼ぶマイ脳内、取り散らかるばかりでイカンです。
午後は真面目に仕事にのみ没頭するです!
それではまた!


いつもの宣伝、失礼いたします☆

↑↓コミカライズ版『死んだら働けない』を、ご収録いただいております。



↓引き続き、何とぞよろしくお願い申し上げまするーー!!




↓こちら「ボスとの契約」はKindle版です。併せて、よろしくお願い申し上げます!

「始まりはスキャンダル」も↑Kindle版」に♪

☆定期広告☆

↑Kindle版です♪(マンガ図書館Z タナベキヨミ「桃山灰神楽」他ページ
では無料でご覧いただけますので、まずはそちらで♪)

タナキヨ本舗(創作戦国マンガ個人誌☆タナベキヨミ直販)

マンガ図書館Z タナベキヨミ「桃山灰神楽」他ページ
↑↓引き続きこちらも…☆



コミック戦国無頼web.9(Renta!)
↑「闇よ、絢爛と」48ページをご公開いただいております。(有料です)

欲しい本メモ・林羅山

2016/01/22 17:53 ジャンル: Category:書籍
TB(0) | CM(0) [Edit]

楽天ブログからの流用更新、ご無礼いたします。

欲しい本メモ~。

林羅山 [ 鈴木健一(文学) ]

林羅山 [ 鈴木健一(文学) ]
価格:3,240円(税込、送料込)



商品基本情報

発売日: 2012年11月
著者/編集: 鈴木健一(文学)
出版社: ミネルヴァ書房
サイズ: 全集・双書
ページ数: 235,
ISBNコード: 9784623064809
商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
林羅山(1583~1657)、江戸初期の儒学者。京都・建仁寺で少年期を過ごした後、朱子学に開眼。藤原惺窩に学び、家康をはじめ、歴代の将軍に仕えた。方広寺鐘銘事件にも儒者として関与し、また寛永期の武家諸法度を起草、幕府政治に関わり、徳川体制の確立に尽力した。権力に阿る御用学者か、朱子学の聖か、その生涯に迫る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 すぐれた業績 低い評価/第1章 朱子学開眼/第2章 藤原惺窩との出会い/第3章 徳川家康との日々-上昇/第4章 秀忠の時代ー安定/第5章 家光による登用ー権威/第6章 文芸活動、そして家族/第7章 家綱の時代/終章 羅山の望みは叶ったのか

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
鈴木健一(スズキケンイチ)
1960年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。博士(文学)。現在、学習院大学文学部教授。専攻は、日本古典文学(特に江戸時代の文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


お。楽天ブックスは、目下『メーカー取り寄せ』状態。

↓大抵、ポイント5倍のドラマ楽天市場店さん。




↓こちらのほうが、刊行時期は古いのですが…。(先に目についた本から日記Up)

【新品】【本】林羅山 堀勇雄/著

【新品】【本】林羅山 堀勇雄/著
価格:2,484円(税込、送料別)



林羅山 [ 堀勇雄 ]

商品基本情報

発売日: 1990年02月
著者/編集: 堀勇雄
出版社: 吉川弘文館
サイズ: 全集・双書
ページ数: 465p
ISBNコード: 9784642051859
商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
林羅山は本名信勝、薙髪して道春と称した。江戸幕府文教の中枢ともいうべき林家の始祖として著名であり、日本史上稀有の博学者ながら、典型的な御用学者ともいわれる。「立身出世のために学者的良心を捨てて曲学阿世の道を選んだ」とされるその哀歓の生涯を、著者は豊富な史料によって詳説した。儒学の本質にも迫る好著。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 生家/2 修学/3 会見/4 仕官/5 曲学/6 雌伏/7 雄飛/8 修史/9 晩年



…私が知りたいのは『あのお方』との師弟関係☆

「立身出世のために学者的良心を捨てて曲学阿世の道を選んだ」


それって、『あのお方』が一番、嫌悪されるのではーーー!?

『関係性萌えヲタ』たるタナベが知りたいことこそ、「『学問』?何ソレ、オイシイの??」的ヨコシマ興味ーー。
『曲学阿世』どころの騒ぎではない…。

…ん?ところで『曲学阿世』って??(検索)

https://kotobank.jp/word/%E6%9B%B2%E5%AD%A6%E9%98%BF%E4%B8%96-479326
(↑からコピペ↓ご無礼いたします)
デジタル大辞泉の解説
きょくがく‐あせい【曲学×阿世】

《「史記」儒林伝から》学問上の真理をまげて、世間や権力者の気に入るような言動をすること。「曲学阿世の徒」


ほほぅ…。「きょくがく-あよ」じゃなくて「きょくがく‐あせい」なんだー。(まず、そこ!?)
(曲学でなく無学タナベ)




いつもの宣伝、失礼いたします☆

↑↓コミカライズ版『死んだら働けない』を、ご収録いただいております。



↓引き続き、何とぞよろしくお願い申し上げまするーー!!




↓こちら「ボスとの契約」はKindle版です。併せて、よろしくお願い申し上げます!

「始まりはスキャンダル」も↑Kindle版」に♪

☆定期広告☆

↑Kindle版です♪(マンガ図書館Z タナベキヨミ「桃山灰神楽」他ページ
では無料でご覧いただけますので、まずはそちらで♪)

タナキヨ本舗(創作戦国マンガ個人誌☆タナベキヨミ直販)

マンガ図書館Z タナベキヨミ「桃山灰神楽」他ページ
↑↓引き続きこちらも…☆



コミック戦国無頼web.9(Renta!)
↑「闇よ、絢爛と」48ページをご公開いただいております。(有料です)

まとまってない思考が

2016/01/21 17:55 ジャンル: Category:身辺雑記
TB(0) | CM(0) [Edit]

FBページからの流用更新、ご無礼いたします。

こんにちは。
本日こそは更新を…と思いながらも、午前中は高山右近さん福者認定のニュースからあれこれ連想、思うままにツイートだけして、下絵直し作業へ。(未だに直し段階)

ここ数日、落ち着かないことばかりで、気持ちばかり焦らせているイカン状態なのですが…。

昼ドラ「ヒューマン・ターゲット」が意外にツボ直撃で、楽しく視聴。

テレビ東京「M・バレー劇場 ヒューマン・ターゲット」番組公式サイト

文系風貌で『天才ハッカー』という紹介字幕が出るわりに、一流スナイパーな元・殺し屋ゲレロ氏(主人公の仲間)に、萌えゴコロを募らせてもおります☆

ここで「ヒューマン・ターゲット」萌え語りに入りかかりましたが、ササッと更新で作業に戻らねば~~と申します訳で…。

午前中ツイートのコピペPostにて、お茶を濁させていただきます☆

(以下、自分ツイートのコピペ)
高山右近さんの福者認定、お目出度きこと…と思いつつ、彼去りし後もキリシタンのために戦った明石掃部様の列福はあり得ないことを思い起こし、複雑な気持ちにも。生死不明なことはもとより『純粋な、信仰のための戦い』という証明は困難ゆえに、致し方無きこと…とは思いつつ。

『列福』というキーワードで、かつて認定されたペトロ岐部カスイさんたちにも再び注目が集まって、そういった栄誉も無いまま忘れ去られている殉教者たちにも光が当たって欲しいです。

2008年に列福認定の『ペトロ岐部と187殉教者』のうち二名、熊谷元直とダミアンの殉教までの様子を調査した人の中に、明石掃部様と彼の家臣が。結果的に、二名の福者認定に尽力したということに…。

明石掃部様の日本二十六聖人護送エピソードも、ヴァチカンには再評価していただきたい気持ちに。ご本人の福者認定が無いぶん、せめてその辺りだけでも…。

秀吉のバテレン追放令の頃、小豆島に高山右近さん達を匿った小西行長さんと、彼の孫で、のちに『最後の日本人司祭』になるマンショ小西さんも、キリシタン関連書籍での記述が意外に少ない印象が。右近さん列福で、彼に関わった人々の研究も進んで欲しいです。

(以上、自分コピペ)

…まとまってない思考がダダ漏れしてる感じですな☆
やはり私は、ツイートはあまりしないほうが良いですかも☆☆

それはそうと、「この本にはもしや…」と思って購入の古書に、大坂夏の陣図屏風(黒田屏風)の明石掃部様隊クローズアップが♪
剣クルスの旗がくっきりと♪♪

そのページをチラチラ見ながら、作業に戻りたく存じます。
それではまた!


いつもの宣伝、失礼いたします☆

↑↓コミカライズ版『死んだら働けない』を、ご収録いただいております。



↓引き続き、何とぞよろしくお願い申し上げまするーー!!




↓こちら「ボスとの契約」はKindle版です。併せて、よろしくお願い申し上げます!

「始まりはスキャンダル」も↑Kindle版」に♪

☆定期広告☆

↑Kindle版です♪(マンガ図書館Z タナベキヨミ「桃山灰神楽」他ページ
では無料でご覧いただけますので、まずはそちらで♪)

タナキヨ本舗(創作戦国マンガ個人誌☆タナベキヨミ直販)

マンガ図書館Z タナベキヨミ「桃山灰神楽」他ページ
↑↓引き続きこちらも…☆



コミック戦国無頼web.9(Renta!)
↑「闇よ、絢爛と」48ページをご公開いただいております。(有料です)

ラジオからの微かな咳

2016/01/11 13:51 ジャンル: Category:身辺雑記
TB(0) | CM(0) [Edit]

FBページからの流用更新、ご無礼いたします。

こんにちは。
昨日は午後、一昨日のJコミックテラス素敵新年会での、楽しきあれこれを書きかけたところで、各種雑事が発生、そのまま放置してしまい…。

夜になって「続き書くの、どうしようかな…」と思っていたところへ、ジャーナリスト竹田圭吾さんの訃報が。

震災後ほどなく、FM夜8時からのJ-WAVE「JAM THE WORLD」を毎日愛聴するようになり、お声に馴染みが出て来た日替わりご担当者さんの中で、『竹田さんはボス的存在』というイメージを持つように。

聴き始めた頃ちょうど、ご療養から復帰されてほどない頃?だったのですが、それが『小康状態でのお仕事再開』だったことは、だいぶ後になって知りました。

最近は、女性アナウンサーがニュースを読んでいる間に、竹田さんが激しく咳き込んでおられる音声が、時おり微かに聞こえることがあって、おつらそうだな…とは思っていたのですが…。

真にギリギリの状態でスタジオに居られたこと、今になってよく判りました。

先週、お加減が悪くなって、急遽、津田大介さんがピンチヒッターでお出ましだったのですが、竹田さんのご病状が、そこまで悪化していらしたとは思いもよりませず…。
竹田さん、月曜日のご担当でしたので、まさに今夜、リスナーにご挨拶の上、いったんご休養…ということだったのです。

しばらく休養なさったら、またご復帰に相違ない…と思っておりましただけに、昨晩のショックは、自分で意識する以上にダメージが大きく、今も平常心に戻れない感じです。
(ですので、ここFBページに書き始めて、漫画絡みの話でないのだから、ブログのみで良かったのでは?と我に返り…。でもまた更新おサボリになりそうですので、Upさせていただきます)

え?そんなに竹田さんのファンだったの??と、唐突に思われるやも知れませんが、『ファン』と申しますより、何だかラジオで耳馴染みのかたは、TV画面越しの文化人芸能人さんより、不思議に近しい存在に思えてしまうのです。

あと…。最後まで『仕事』に向き合っておられた竹田さんへの敬意、時間が経つほどに深まる感じにて候で…。

スタジオでつらそうに咳き込んでおられた、微かな音声を思い出しては、このところ時間の無駄遣いばかりしている己の不甲斐なさに思いが到り…。

もっと自分も『残り時間』を意識して生きなければ…と、改めて考え始めました。(注:タナベ、時折通院はしておりますが、余命宣告はされておりませんです)
(でも『人生の終わり』は、誰の身にも、必ず訪れるもの…)

と、申します訳で、あれこれ気を散らさず、己のやるべきことを見据えて、出来うる限り、よりいっそうの精進をしようと思います。

JAM THE WORLD


いつもの宣伝、失礼いたします☆

↑↓コミカライズ版『死んだら働けない』を、ご収録いただいております。



↓引き続き、何とぞよろしくお願い申し上げまするーー!!




↓こちら「ボスとの契約」はKindle版です。併せて、よろしくお願い申し上げます!

「始まりはスキャンダル」も↑Kindle版」に♪

☆定期広告☆

↑Kindle版です♪(マンガ図書館Z タナベキヨミ「桃山灰神楽」他ページ
では無料でご覧いただけますので、まずはそちらで♪)

タナキヨ本舗(創作戦国マンガ個人誌☆タナベキヨミ直販)

マンガ図書館Z タナベキヨミ「桃山灰神楽」他ページ
↑↓引き続きこちらも…☆



コミック戦国無頼web.9(Renta!)
↑「闇よ、絢爛と」48ページをご公開いただいております。(有料です)

渡邊大門さんブログでご紹介いただきました!

2016/01/07 14:03 ジャンル: Category:身辺雑記
TB(0) | CM(2) [Edit]

こんにちは。
あっという間に七草粥の日。(←ゆえあって一昨日賞味してしまった、気の早いタナベ家)

毎年、スーパーで販売されている七草セットを購入しておりますが、昔は近所の野原で摘んだ草を入れていたな…と懐かしく思い起こしており。
無知ゆえに、別な草…食用に適さないものも混入していたに相違ない…と今更のようにドキドキしております。

ドキドキと申さば!
有名な歴史研究家で、少し前に会社も設立なさった渡邊大門さんが、なんと今朝、タナキヨ本舗WEB店のご紹介記事をブログUpしてくださったのであります!!

2016年1月7日 タナキヨ本舗株式会社歴史と文化の研究所・十六世紀史研究学会・渡邊大門のブログ

一読させていただき、「も…盛りすぎ…」と申しますか、褒め過ぎてくださっているご文に、落ち着かない思いで、時々部屋をグルグル歩き回っております。(←仕事せい!)

コメント欄にも言い訳を書かせていただいたのですが、早急に、自分ブログでも実際のところを記載しておかなければ…と、まずは、早速に更新停滞ぎみのこちらFBページから…と参上いたしました。

以前より拙ページを定期的にご覧くださっている皆様におかれましては、私が描いておりますのは『戦国時代が舞台とは名ばかりの、妄想暴走漫画』とご認識いただいていると思われますが…。

渡邊大門さんHPとブログの読者様は、本職の研究家さんや、ライターさん、ガチ硬派な歴史ファンさんが多いに相違なく、タナベ漫画をご紹介いただくのは、本当に申し訳ないばかりにて候で…。(と、冷静に分析してみて、赤面どころか、青ざめ度倍増)

大門先生が書いてくださったあのお言葉、このお言葉に「ち、違いますーーッ!盛りすぎですーーーッ!!」と、畏れ多くも、随所に訂正や注釈を付けさせていただきたいゴコロが高まりまくっているのですが…。

特に!ここ!!この↓ご一文は到底事実ではありませぬです!
『歴史に大変お詳しく、特に宇喜多氏、明石氏、黒田氏に深い造詣をお持ちです。史実を踏まえて執筆されているので(以下略)』…詳しさや造詣はもとより…「『史実』は、サッパリ踏まえておりませぬですーーーッ!!」(←WEB界すべてに届け我が声!!)

…あああーーー、ヤバいです…。(上記、書いてみて、改めて事の重大さに焦燥)
大門先生に虚構を記載させ申し上げたこととなり、タナベ、申し訳なさに山ごもりしたい気持ちであります。(…ハッ!山は、これからスギ花粉地獄に…)

…何だか、書けば書くほどに墓穴の深さが増し増してしまうようですので、とりあえずはこれにて…。

末ながら…で申し訳ありませぬが、『株式会社歴史と文化の研究所・十六世紀史研究学会・渡邊大門のブログ』のトップページのリンクも貼らせていただきます。

株式会社歴史と文化の研究所・十六世紀史研究学会・渡邊大門のブログ

ご著書のお知らせはもとより、真面目な御本からはうかがい知れない、楽しき記事満載ブログです。
(一般書店さんでは販売されていない、レアな研究書も…!)

申し訳なさでいっぱいでありますが…。
大門先生、どうもありがとうございましたッッ!!!

【追記】
大門先生ブログへのコメントに記載申し上げたので、自分スペースで書き忘れてしまっておりましたが、目下、商業誌では、時代物はまったく描いておりませぬです…。
描かせていただける場がありますれば、そりゃーもーー、大歓喜で描かせていただきますが、夢かなわず…という状態です。

『描きたい分野』と『向いている分野』が違っている…のでござりましょうな…。

現在、有り難くも頂戴できているロマンス・コミカライズのお仕事を、今はとにかく、全力で頑張る所存です!!
(ってな訳で、おサボリ終了~~)


いつもの宣伝、失礼いたします☆

↑↓コミカライズ版『死んだら働けない』を、ご収録いただいております。



↓引き続き、何とぞよろしくお願い申し上げまするーー!!




↓こちら「ボスとの契約」はKindle版です。併せて、よろしくお願い申し上げます!

「始まりはスキャンダル」も↑Kindle版」に♪

☆定期広告☆

↑Kindle版です♪(マンガ図書館Z タナベキヨミ「桃山灰神楽」他ページ
では無料でご覧いただけますので、まずはそちらで♪)

タナキヨ本舗(創作戦国マンガ個人誌☆タナベキヨミ直販)

マンガ図書館Z タナベキヨミ「桃山灰神楽」他ページ
↑↓引き続きこちらも…☆



コミック戦国無頼web.9(Renta!)
↑「闇よ、絢爛と」48ページをご公開いただいております。(有料です)

LAツイートにあのかたが…

2016/01/05 16:27 ジャンル: Category:ドラマ
TB(0) | CM(4) [Edit]

NCIS LA公式ツイートに、本家のあのかたが…。
『Crossovers』との記載もありますし、ひょっとしてギブス、LAに降臨??




例によって自動翻訳が謎な文となり、英語ダメ者には真相は判らないままですが…。
もしそういう話が出てるのなら、フユヒさんがお教えくださるに相違ない!(人様まかせ)

そういえば、本家アカウントはフォローしていないのですよな…。
これからでもしてみようかしらん…。(TLがカオスになりそうゆえ、リストのみのほうが良いかも)

思えば本家、シーズン1を観てないまま…。(テレニューの思い付き編成のせいで☆)

最近、なぜだか、ジヴァの暴走兄・アリの『中2病っぷり』を観なおしたくなっており。

(以下の駄文、『NCIS』のネタバレにもなっておりますゆえ、ご用心を!)


憎悪の対象である父親をギブスに重ねて…って、ある意味、マイツボの一つ『疑似父子愛』の変種バージョン☆
よくよく観れば、アリ、『萌えキャラ』かも…と。

ギブスと殺し殺されプレ~~がしたくて住居侵入までしたのに、アッサリ妹に撃ち殺される辺り。(←記憶、間違ってたらスミマセン)


それはそうと、謎の新ドラマが続くテレニュー昼…。
米国本土には戻ったようですが(←ですよね?)、NCISにもCSIにもFBIにも戻ってない…。
ワイハのクリフハンガーも、『あのまま』の放置はむご過ぎる…。

…ハッ。
仕事に本腰を入れず、だらだら駄文に興じているマイ後ろ頭をこそ、今この時、ギブスに叩いてもらいたい!

いや、こんな怠惰者に来るのは、ジヴァの銃撃もしくは拷問かも知れないので、今すぐブラウザを閉じようと思います☆

どじょっこ黒歴史

2016/01/04 16:15 ジャンル: Category:ラクガキ
TB(0) | CM(2) [Edit]

フユヒさんへの業務連絡更新にて失礼いたします。

うちの明石たんの初・全身タイツ画像を発掘いたしました。
…モンキー明石たんどころじゃない黒歴史ぶりです。

dojougunsi2.jpg

このブログにも、記事付で掲載した気がする…となり、自分ブログ検索して見つけましたので、恥ついでにリンクいたします。

ドジョウ軍師&どじょっこ又従兄弟(2013/05/24)

「松寿丸も脱いで!!」という恐ろしいセリフからの出発だったこと、すっかり忘れておりました…。

…どじょっこ全身タイツ、うちの明石たん、大人になってからも躊躇なく着る気が…。(ダミさんは断固拒否)
『黒歴史』とは、サラサラ思ってない雰囲気もヤバいですな☆


いつもの宣伝、失礼いたします☆

↑↓コミカライズ版『死んだら働けない』を、ご収録いただいております。



↓引き続き、何とぞよろしくお願い申し上げまするーー!!




↓こちら「ボスとの契約」はKindle版です。併せて、よろしくお願い申し上げます!

「始まりはスキャンダル」も↑Kindle版」に♪

☆定期広告☆

↑Kindle版です♪(マンガ図書館Z タナベキヨミ「桃山灰神楽」他ページ
では無料でご覧いただけますので、まずはそちらで♪)

タナキヨ本舗(創作戦国マンガ個人誌☆タナベキヨミ直販)

マンガ図書館Z タナベキヨミ「桃山灰神楽」他ページ
↑↓引き続きこちらも…☆



コミック戦国無頼web.9(Renta!)
↑「闇よ、絢爛と」48ページをご公開いただいております。(有料です)

桃好きモンキー

2016/01/03 11:13 ジャンル: Category:身辺雑記
TB(0) | CM(6) [Edit]

FBページからの流用更新、ご無礼いたします。

おはようございます。
本年のお正月、寒気がさほどでもないので、『元旦早朝の特別感』が無いままだった気がします。

さらに本日が日曜日と認識、「え?あれ?お正月は何処へ…」的な気持ちがしなくもなく。
『お正月という雰囲気』は大好きですので、今からでも『盛り上げる何か』を見つけたいものです☆

と、申して、暮れに雑事にかまけ過ぎた私は、仕事漫画のペン入れ作業をトップギアで進めなけば…と。(今はニュートラル☆)(コラコラ)

実は、一年の計は元旦に有りと思い、元日午後、別描き背景から仕事開始していたのですが、昨日は他に気を取られることが発生、『元旦→仕事始め・二日→サボリ始め』という様相となってしまいました。
ゆえに、本日は軌道修正して、お昼前からペン入れを頑張りたく思います。

例年は、お送り申し上げたすべてのかたに届いてから…と松が取れたくらいにUpしていた今年の年賀状を、本日掲載させていただきます。

2016gajou2.jpg

当初、個人誌新刊の表紙絵を流用…というのを目論んだのですが、「あまりにクリスマスカードっぽい」とのお声をいただき、急遽、モンキー明石たんを描いた次第です。

昨年のヒツジ明石たんと着ぐるみつながりでイイかな…と思ったのですが、昨年の明石たんよりだいぶ成長しており(昨年が幼稚園生で、今年は小学校低学年くらい?)ビミョ~に統一が取れていないことに、あとで気付きました。
どうせなら、三頭身シリーズにして、干支制覇を狙えば良かったです。(飽きっぽいので、着ぐるみシリーズが続くかどうかも未定ですが☆

うちの明石たんは桃好きなので、バナナより桃!と、軍配を上げている感じです。(そういえばバナナって、いつ頃から本州でも賞味されるようになったのかしらん…。流通するようになったのは、冷蔵輸送が可能になってから…という気がしますが)

…ぬ。この季節なのに、罐詰でない、本物の桃を賞味したくなって来てしまいました…。(バナナでなく)
さすがに本物は無理ですので、あとで桃缶を探そうと思います。

ではでは、引き続き、お正月休みの良き一日を!


いつもの宣伝、失礼いたします☆

↑↓コミカライズ版『死んだら働けない』を、ご収録いただいております。



↓引き続き、何とぞよろしくお願い申し上げまするーー!!




↓こちら「ボスとの契約」はKindle版です。併せて、よろしくお願い申し上げます!

「始まりはスキャンダル」も↑Kindle版」に♪

☆定期広告☆

↑Kindle版です♪(マンガ図書館Z タナベキヨミ「桃山灰神楽」他ページ
では無料でご覧いただけますので、まずはそちらで♪)

タナキヨ本舗(創作戦国マンガ個人誌☆タナベキヨミ直販)

マンガ図書館Z タナベキヨミ「桃山灰神楽」他ページ
↑↓引き続きこちらも…☆



コミック戦国無頼web.9(Renta!)
↑「闇よ、絢爛と」48ページをご公開いただいております。(有料です)

あけましておめでとうございます!

2016/01/01 11:51 ジャンル: Category:身辺雑記
TB(0) | CM(0) [Edit]

FBページからの流用更新、ご無礼いたします。

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。(元旦午前中滑り込みご挨拶)
皆々様にとって、良いことがたくさんある年となりますよう、心よりお祈り申し上げております!!

これまでのヒツジ明石たんから変更のモンキー明石たん、アップで見ると表情がマヌケっぽい…と思い、さっそく別のに変えたいゴコロが…。

個人誌新刊表紙の明石たんの顔も、何だか今一つ満足いかないものですので、折を見て、新しいものを描きたいです。

昨年後半くらいから、何とか絵柄をもう少しどうにかしようと足掻いておりまして、年を越しても、自分で『多少なりとも成果が…』と思える領域にも入れずにいるのですが…。
今年前半くらいには、『変な迷い』の無い絵くらいは描けるようになっていたいです。

『少しでもいい感じの絵にしよう』というのは、絵を描く上で『邪念』にもなりますゆえ、『向上心』との折り合いが難しいところであります。

などと、元旦から迷いと雑念多きご挨拶、ご無礼をいたしました!

何かご挨拶画像…と思ったのですが、また新刊表紙ではクド過ぎ…と思い、昨日、こちらではリンクのみご紹介申し上げた、『もひ/一諾斎 @haldart_cat 』さんが、拙作を撮ってくださったお写真を別名保存の上、掲載させていただくことといたします。
(もひ様~~、ご承諾をいただかないまま、あいすみませぬ!!)

like087.jpg

愛らしいお花と一緒に撮っていただけて、本当に嬉しかったです♪
(自分で撮ろうと思った場合、この『女子力高きセンス』は、まったく出て来ないこともありまして…☆)

こうしてまた、お写真にしていただけるような本、今年も出せると良いな…と、しみじみ思う元旦であります。


いつもの宣伝も、失礼いたします☆

↑↓コミカライズ版『死んだら働けない』を、ご収録いただいております。



↓引き続き、何とぞよろしくお願い申し上げまするーー!!




↓こちら「ボスとの契約」はKindle版です。併せて、よろしくお願い申し上げます!

「始まりはスキャンダル」も↑Kindle版」に♪

☆定期広告☆

↑Kindle版です♪(マンガ図書館Z タナベキヨミ「桃山灰神楽」他ページ
では無料でご覧いただけますので、まずはそちらで♪)

タナキヨ本舗(創作戦国マンガ個人誌☆タナベキヨミ直販)

マンガ図書館Z タナベキヨミ「桃山灰神楽」他ページ
↑↓引き続きこちらも…☆



コミック戦国無頼web.9(Renta!)
↑「闇よ、絢爛と」48ページをご公開いただいております。(有料です)

プロフィール

ナタ55

Author:ナタ55
敬愛する戦国武将は『明石掃部』様♪浦上・宇喜多・黒田、備前や播磨の歴史について勉強中です。
タナキヨ本舗(創作戦国マンガ個人誌☆タナベキヨミ直販)
↑個人誌(同人誌)の通販ページを作成いたしました~♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
あんず雨


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。