あんず雨

戦国時代マンガやミステリーのコミカライズを手がけております☆キリシタン武将・明石掃部様を敬愛しております♪♪

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津波で消えた長浜

2012/09/21 08:43 ジャンル: Category:原発と原爆と
TB(0) | CM(0) [Edit]

最近、「完訳フロイス 日本史3 織田信長篇3」を読み返したのですが…。


震災後…と申しますか、若狭辺りの原発を巡る問題で、新聞などでも取り沙汰された『天正大地震の折、若狭にあった長浜という町が、津波で消えてしまった』という記述が、この巻の198ページにあったことを再認識いたしました。

天正大地震Wikiページ

新聞記事に接した折は、手元の本を読み返して確かめることはしていなかったのですが、何気なく、その記述に行き会ったこたび、『長浜』という地名が改めて気になりまして…。

サッと検索しただけでも、「フロイスは、近江の長浜(秀吉が築城した、琵琶湖沿いの長浜)と勘違いしたのでは…」という記述の幾つかと出会ったのですが、「完訳フロイス 日本史3」の中で、前後をもまとめて読み返してみますと、『地名の勘違い』は無いように思うのです。

フロイス「日本史」そのものが、史料としては「『宣教師フィルタ』がかかっている☆」やら「誤訳が多め??」といった問題があるようなのですが、『当時の空気感』と申しますか『当時の日常』の雰囲気は、偽り無く伝えられているように思われるのです。
(そういうところに作為を及ぼすことに、意味はない気がしますので)
(『獲得信者数』は水増ししてるかも知れないですが☆)

そして、日本滞在が既に長く、当時の権力者たちとも面識があったフロイスさん、たとえ地震の記述が『また聞き』によるものだったとしても、『近江の長浜』と『若狭の長浜』を間違えることはなかったのでは…と。

長い記述ではないので、そのくだり、ちょっと抜粋させていただきます。(平伏)

若狭の国には海に沿って、やはり長浜と称する別の大きい町があった。そこには多数の人々が出入りし、盛んに商売が行われていた。人々の大いなる恐怖と驚愕のうちにその地が数日間揺れ動いた後、海が荒れ立ち、高い山にも似た大波が、遠くから恐るべき唸りを発しながら猛烈な勢いで押し寄せてその町に襲いかかり、ほとんど痕跡を留めないまでに破壊してしまった。高潮が引き返す時には、大量の家屋と男女の人々を連れ去り、その地は塩水の泡だらけとなって、いっさいのものが海に呑みこまれてしまった。
(↑中公文庫『完訳フロイス 日本史3 織田信長篇3』198ページより抜粋)

『やはり長浜と称する別の大きい町』となっている辺りで、フロイスさん、『近江の長浜』と、きちんと区別、若狭にも『長浜』があったのだな…と、ごく自然に思える記述かと…。

『長浜』という地名からして、『九十九里浜』のような特殊な感じでない辺りから、「長い浜辺のある町だから、長浜」といった、これまた、ダブリ地名?でも変ではない雰囲気があります。

そして、天正大地震であったという、近江・長浜での地滑りとは、明確に違うのでは…と思えるところが、『その地は塩水の泡だらけとなって』の箇所です。

淡水湖の琵琶湖沿いでは『塩水の泡』は無いはずで、フロイスさんのは、明らかに『海沿いの町が津波に呑まれてしまった』という記述なのだと思います。

あくまで、素人の読み方ですし、原文ではどう記載されているか…で、ひょっとしたら、またニュアンスが変わってくるのやも知れませぬが…。

若狭辺りは、原発銀座…。

実際には難しいのやもしれませぬが、歴史学者、地震学者、地質学者の方々が協力なさって、一度『津波で消えてしまった若狭・長浜』が、本当にあったのか…という徹底検証をなさると良いのでは…と。
(原発問題のため…と申しますより、私の興味津々ゴコロのために…)(←正直☆)

消えてしまった町・伝承…という点では、民俗学も重要となって来るのでしょうか…。

既に、その辺りを詳しく検証されている方がおられるのでござりますれば、『津波で消えた長浜』について、ご発表いただきたい気持ちであります。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ナタ55

Author:ナタ55
敬愛する戦国武将は『明石掃部』様♪浦上・宇喜多・黒田、備前や播磨の歴史について勉強中です。
タナキヨ本舗(創作戦国マンガ個人誌☆タナベキヨミ直販)
↑個人誌(同人誌)の通販ページを作成いたしました~♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
あんず雨


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。