あんず雨

戦国時代マンガやミステリーのコミカライズを手がけております☆キリシタン武将・明石掃部様を敬愛しております♪♪

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画が出来るまで(ネーム編その2)

2013/06/10 09:37 ジャンル: Category:拙作周辺
TB(0) | CM(0) [Edit]

FBページからの流用更新ご無礼いたします。(以下、またマトリョーシカ・コピペとなっております)

おはようございます。

数日に渡ってコピペPostさせていただいている『漫画が出来るまで』。
こたびは昨日ぶんと内容が前後してしまいましたが、『ネーム制作過程』について…です。
(注:例として掲載の画像など手前味噌この上ないですので、あくまで1ケースとしてご覧いただけますれば…)

↓こたびも、楽天ブログに掲載したものの、ほぼコピペです。

『完成状態の拙作ネーム(2ページぶん)』をお目にかけてしまった前の日記から、話が前後してしまいまするが…。

編集さんにご覧いただくネームを仕上げるに到るまで、これまた、人によって制作方法に違いがあったりします。

その前に…。
『ネームを描き入れる紙』も、人によって違いがあるのですが、コピー用紙のような、量を多めに入手しやすような紙を使うケースが多いようです。
(本描きする原稿用紙は、コピー用紙よりもやや厚みのある上質紙や、ケント紙です)

大学ノート状のものや、クロッキー帳(スケッチブック形態で、紙がコピー用紙のような薄手のもの)にネームを描かれる方もおいでですが、プロの場合、出来上がったネームをFAX送信~~ということが多うござりまするゆえ、コピー用紙が便利…という感じなのであります。

その、『編集サンに見せる用・用紙』に、最初からいきなり描き始める…という方のほうが、多いかな?とは思うのですが…。

『ネームのサムネイル』というものを、まずは作成…というやり方もあります。
この手法で、私めも作成し始めます。

『ネームのサムネイル』は、ぶっちゃけ、『小さいネーム』です。

これも探し出してスキャン&掲載しちゃいましょうかな~~と思いましたが、現物ですら、書いた本人にしか解読できない微細文字で構成されているものでござりまするゆえ、前日記に載せたネーム以上に、謎なものとなること必定…。

ゆえに、拙いながら、記述のみでのご説明にて失礼を…。

これまた、人によっての仕様の相違がありましょうゆえ、私めのやり方での説明しかできないのですが…。

32ページ作品のネーム・サムネイルを作る場合、B4の紙を半分に折り、そのまた半分、半分…と折りたたみ続け、開いたときに、全体が32分割されている状態にします。(16分割折りにして、それを二つに区切る線を、後から引くことの方が多いですが)

この小さいマス目1つを、漫画の1ページぶんと見立て、そこに、プロットでだいたい考えてあるストーリーの流れが、どういうページ割合で入ってゆくのか、あらかじめ見立てるために使います。

その段階で、それぞれのページの大まかなコマ割りや、入る絵なんぞも思い浮かんだりすると、なおヨロシという感じです。

この段階を経ないと私めの場合…。

プロットに沿って、調子こいてネームを入れ続けた挙句、最後のほうになって「ページが、てんで足らないじゃんッ!!」ってな事態に陥る可能性・大ッなのであります。

サムネイル作っておきながら「ページ、足らないじゃん!!」という展開も、往々にしてありがちだったりするのですが…☆(泳ぐ目)

サムネイルの場合、だいたいにおいて後半はかなりいい加減のままで済ませ、次に、本番ネーム用紙の半分サイズほどの紙に、文字だけざっくり入れる『ネームのネーム』を作成…という、かなり手間なやり方が、ここ数年で定着してしまっている私めであります。

この『ネームのネーム』段階は、出来るだけ素早く、大雑把なコマ割りをしながら文字のみ入れてゆく…という作業に専念いたします。
セリフをしゃべっている登場人物の表情や、シーンそのものも思い浮かんだりいたしますが、とりあえずは覚書程度の描き方に留め、終盤まで『展開の流れ』を入れ込むことを試みます。

『読み手のスピード』を意識して、全体のリズムが澱んでしまうような箇所や、妙な停滞感を抱かれるような箇所が生じてしまわないようにしたい…という気持ちもありまして…。

この辺りも、ほんに、人によってのやり方が、おおいに違うところかと思われます。

最初から、一つ一つのシーンにこだわりつつ、コツコツと進めて行く…という方が良い!とお思いの方も、多いかと存じます。(むしろ、そちらの方が主流やも??)

この小さいネームで終盤まで詰めて行きますと、往々にして、「ラストまで、2、3ページは足りない感じ??」という気持ちに陥りがちとなります。
(サムネイルの甲斐、やはり無し??)(いや、あの過程が無いと、きっと5、6ページくらい足らない事態に…)

小ネーム段階は、その終盤途中辺りでとりあえず終えたりして(ラストまで書き込むこともありますが)、その、足りない量などを考慮しつつ、本ネーム用紙に、セリフと大雑把なアタリ(登場人物の描線の、大まかな位置決めなど)を入れつつ、帳尻を合わせようと足掻く…という作業形態なのであります。

(コピペ終わり)

楽天ブログ掲載時には、商品としての『ネーム用紙』も載せていたのですが…。
『直し』が入るのが基本のプロこそ、そういったものはあまり使っていないような気がしますゆえ、こたびは省略いたしました。

フルデジタルでご執筆のかたが増えましたゆえ、今後、消え行く商品のように思われます…。

(FBコピペ終わり)

せっかくですので、ブログには商品の『ネーム用紙』のご紹介をば…。
(今も売ってるのかな~と、確認の意味で検索してみました)








…ネームの時、細かい目盛りは不要なのでは??と思いましたが、線画からデジタルのかた、ひょっとしてこれをネーム兼下描き用紙にして、ある程度正確な絵を入れておいて、スキャンして、データ上でペン入れなさっておられるのかも??

そう考えますと、むしろ、普通の漫画原稿用紙より、デジタル時代に生き残る商品ですやも☆☆


☆定期広告☆
タナキヨ本舗(創作戦国マンガ個人誌☆タナベキヨミ直販)
↑年中無休で開店中です♪

Jコミ タナベキヨミ短編集
↑↓引き続きこちらも…☆



コミック戦国無頼web.9(Renta!)
↑「闇よ、絢爛と」48ページをご公開いただいております。(有料です)

まだ幾店かで「闇よ、絢爛と」収録アンソロジーが販売されておりますので…。


↓楽天ブックス
【送料無料】戦国の女

【送料無料】戦国の女
価格:1,300円(税込、送料別)



【送料無料選択可!】戦国の女 (無頼コミックス 戦國REMIX) (コミックス) / アンソロジー
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ナタ55

Author:ナタ55
敬愛する戦国武将は『明石掃部』様♪浦上・宇喜多・黒田、備前や播磨の歴史について勉強中です。
タナキヨ本舗(創作戦国マンガ個人誌☆タナベキヨミ直販)
↑個人誌(同人誌)の通販ページを作成いたしました~♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
あんず雨


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。