あんず雨

戦国時代マンガやミステリーのコミカライズを手がけております☆キリシタン武将・明石掃部様を敬愛しております♪♪

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画が出来るまで(ペン入れ編)

2013/06/12 08:29 ジャンル: Category:拙作周辺
TB(0) | CM(4) [Edit]

ども!今朝は何だかFBページのご機嫌がナナメでござりましたゆえ、こちらで先に一通り、楽天からのコピペを手直ししてUp、それをFBにPostして、これからまたこちらを手直しUpという手順にしております。

楽天ブログ掲載ぶんに、本日はかなり加筆をいたしました~。

最初にこの一連の駄文を綴ったのは、2010年03月頃なのですが、それから3年以上を経て、漫画制作の雰囲気、デジタル化が加速したぶん、ずいぶんまた変わったな…と。
手直ししながらも、「この加筆情報も、あっという間に古くなる気がする…」と痛感している次第です☆

さてさて。以下、本日のFB掲載ぶんです。

おはようございます。

数日に渡ってコピペPostさせていただいている『漫画が出来るまで』。
本日は『ペン入れ編』です。
(注:例として掲載の画像など手前味噌この上ないですので、あくまで1ケースとしてご覧いただけますれば…)

↓こたびも、楽天ブログに掲載したものの、ほぼコピペです。(…あ、本日はけっこう途中加筆アリです☆)

下描きを終えたら、その線を『印刷に出る線』にすべく、ペン入れ作業に入ります。

下描き完了後、それを編集部へFAXしたりしなかったり…は、これまた作家それぞれ、編集部の体制それぞれで違ったりもするのですが…。
(これに関しまして、先程『写植』の説明などもしつつ、つらつら書いていたのですが、うっかり消去…。落ち込みのまま、こたびはスルーさせていただきます…)

ともあれ…。
鉛筆(シャープペンシル)で入れた下描きを、ペンでひたすらに『なぞる』作業、それが『ペン入れ』であります。

漫画で使用する『ペン先』は、幾種類かありまして、これまた、人それぞれの好みがあるのですが…。

最近はひょっとしたら少数派になっているやもしれませぬが…。
人物の主線などに、よく使われるのが『Gペン』というペンです。

弾力性に富み、力加減で太い線から細い線まで、かなりの強弱を表現できるので、昔からの『漫画の描き方』本などで、筆頭に挙げられるペン先です。

万年筆などと違い、専用の軸に取り付けて墨汁やインクを、その都度ペン先に付けて使うタイプです。(近年、万年筆タイプも出ましたが、ヘビーユーザー向きではない…です☆)

その他、かぶらペンや丸ペンという種類があり、描き手本人の筆圧や線の好みで、選択します。

(↑『かぶらペン』で検索しても出て来ない…と思いましたら、商品名としては『サジペン』が主流になっているようで…)

(↑丸ペン。他のペンより価格が高いです☆)

顔や体の線はGペンで、髪の毛などの細い線は丸ペンで…というふうに使い分けたりもします。

↑最近は、線にあまり強弱が無いほうが好みかな…と、私はスクールペンという、力加減にあまり左右されないペン先を使用しています。
(最近また、久々にGペン使いたいゴコロが頭をもたげております☆)

↑↓こういう、専用の軸に取り付けて使います。

(丸ペン以外は、どのメーカーのペン先も市販の軸のどれにも使えるのですが…。丸ペンに関しては、メーカーによって微妙に規格に違いがあり、同じメーカーが出している軸でないと合わないです)

一昔前は、上記のような付けペンで描いていないと、プロとして許されない的風潮がありましたが…。
最近はもう、デジタル主流ですので(少年誌・青年誌では特に)、そういった話も、今はもう『伝説』になっているのでしょうね…。

そうそう、四半世紀前くらいは、ベタ(黒く塗りつぶしてある部分)に『マジック』を使った…というだけで、編集さんに怒られた…という話も聞きました☆

脱線が長くなってしまいましたが…。墨汁かインクか…も、人それぞれ、好みで選びます。

線のノビが良く、消しゴムをかけても薄くならないので、私は、開明墨汁という墨汁を使っております。ただ、これは耐水性ではないので、乾くのがやや遅く、手などですってしまいがちなところが難点。
開明墨汁 70ml

開明墨汁 70ml
価格:235円(税込、送料別)


それゆえに、耐水性インクをご使用のかたも多いです。(耐水性ではあるのですが、強く消しゴムをかけると線が若干薄くなることもあります)
パイロット製図用インク 製図用 30ml

パイロット製図用インク 製図用 30ml
価格:420円(税込、送料別)


話が前後してしまいますが…。

またまた手前味噌ではあるのですが、ペン入れの作業手順といたしまして、私めの場合、まず全ページの枠線(コマを囲む太めの直線)とフキダシから入れてしまいます。

ワク線は、昔は『カラス口』という特殊なペンや、使い込んで太い線しか引けなくなったGペンが使われたりしたものですが…。
今は、0.8くらいのミリペンをお使いの方が多い気がいたします。

かく申します私めも、一時期、便利ゆえに上記ミリペンを使用しておりましたものの…。消しゴムをかけると線がやや薄くなるので、今は『ロットリング』という均一な線が引けるカートリッジ式のペンを使っております。(私は0.7を使用)

ワク線の次、登場人物がしゃべるセリフを囲む風船のようなアレ、『フキダシ』を入れる作業は…。
背景同様、人物の線よりも印象が強くならないよう、なるべく細い線を入れたいがために、私めは丸ペンで入れております。(今はこの段階からスクールペンです)

フキダシも、0.05のミリペンをお使いのかたや、ロットリングで入れるかたもおいでで、人それぞれ…という印象です。

さて、このペン入れ作業…。

下描きの線がいい加減だったり、はたまた、下描きで悩み過ぎたがために「この何本もある鉛筆線の、いったいどれをなぞったものやら…」という罠が多めだったりいたしますと、これはこれで遅滞ぎみになってしまいましたり…。

かつまた、Gペンや丸ペンの使い心地が悪かったり(製品によってアタリハズレがあったりすることも…)、湿気のせいで、殊更にペンが紙に引っ掛かったり…。(ゆえに、雨天はペン入れの敵なのです☆)(かと申して、雨だから…と暢気にしていられる訳もない締め切り前は、ドライヤー登場)

気持ちよく、ノリノリでペンが入れられる…という至福の瞬間は、なかなかに少なかったりする訳です。

まぁでも、「お♪けっこうエエ感じでペン入れできたかも♪♪」という絵が、作品中一箇所でもあると、この後の地道な仕上げ作業の、ささやかな励みにも…。
(後日、冷静になってからその絵を見て『大いなる勘違い』だったことに気付くのですが☆)

楽しく主線のペンを入れた後は、地道な背景入れの作業になるわけですが…。
それにつきましては、また次回…☆


☆定期広告☆
タナキヨ本舗(創作戦国マンガ個人誌☆タナベキヨミ直販)
↑年中無休で開店中です♪

Jコミ タナベキヨミ短編集
↑↓引き続きこちらも…☆



コミック戦国無頼web.9(Renta!)
↑「闇よ、絢爛と」48ページをご公開いただいております。(有料です)

まだ幾店かで「闇よ、絢爛と」収録アンソロジーが販売されておりますので…。


↓楽天ブックス
【送料無料】戦国の女

【送料無料】戦国の女
価格:1,300円(税込、送料別)



【送料無料選択可!】戦国の女 (無頼コミックス 戦國REMIX) (コミックス) / アンソロジー
スポンサーサイト

大変楽しく…
ペンやインクの説明、大変楽しく興味深く読ませていただきました。
こんなにたくさんペンの種類があるのですね(アフィリ機能、こういう時に便利ですね~)。
漫画を描くのは「インク」と思い込んでいましたが、なるほど、墨汁派さんもいらっしゃるのだなぁ。

テレ東で金曜日に『ジャンBAN!』という番組があり、たまに「漫画家さんの自宅orアトリエ探訪」みたいな企画があり、漫画家さんの部屋を観るのが楽しいです。
ナタ先生もお部屋公開・・・・・・・・・・・・・ないですよね(笑)。
自分の部屋を晒す・・・・・コワイコワイ(笑)。

トレース台?があって、ペンがたくさん立ってて、羽(消しゴムカスを払うアレ)、雲形定規や円定規があって、大きなPCモニターとタブレット…そんな感じでしょうかね。
ナタ先生のお部屋は戦国グッズも沢山おありでしょうか♪

ちなみに私の部屋は、アラフォー女の部屋には見えないと思います。
「この部屋の主は、中学生男子?」な感じかも(笑)。
下手したら「小学生男子」…┗(;´Д`)┛
[ 2013/06/13 23:03 ] [ 編集 ]
Re: 大変楽しく…
フユヒさん、どうもです~。
この一連の漫画描き方ネタは、楽天ブログでもご覧いただいておりましょうゆえ、重複、ご無礼であります☆
(加筆などはしておりますが…)
ご覧いただき、どうもありがとうございます♪

> テレ東で金曜日に『ジャンBAN!』という番組があり、たまに「漫画家さんの自宅orアトリエ探訪」みたいな企画があり、漫画家さんの部屋を観るのが楽しいです。

あ、この番組から…の写真だったのか、先日、有名漫画家さんのアトリエ写真を幾つか見ました~♪
「封神演義」の藤崎先生のアトリエが、ほんにIT企業の戦略ルームみたいで、感嘆しきりでありました♪♪

さすが、一流でもって、テレビに出してもOKなかたのアトリエ(アトリエ…というよりオフィスという感じ)は、ショールームみたいに素敵でござりますね♪
(一流でも、『汚部屋』な漫画家さんはきっと出ない…)

> ちなみに私の部屋は、アラフォー女の部屋には見えないと思います。
> 「この部屋の主は、中学生男子?」な感じかも(笑)。
> 下手したら「小学生男子」…┗(;´Д`)┛

おおお~~、フユヒさんルーム、気になりまする…。
いつぞや、刺繍の枠のご説明の折、貴ブログにご掲載の韓国時代劇の刺繍枠のお写真、あれの印象が強かったので、フユヒさんルームにも同じのが据えつけられてるような気がしてしまっているです。

可愛いお洋服やグッズもいっぱいお持ちに相違なく…なぜ、中学生や小学生男子??と思いましたら…あ!ゲームや本の数でござりましょうか??
それはそれで、愛らしいギャップに満ちている感じで、タナベはホノボノとさせていただいております♪♪
[ 2013/06/14 09:10 ] [ 編集 ]
イメージ訂正をせねばっ
ナタ先生、こんにちは。
残念ながらナタ先生の、私の部屋のイメージが大幅にズレているようですので、訂正をしておかねばと(笑)v-14

刺繍枠、結局買っておらず、刺繍関連の物はちんまりと納まるのでクローゼットに置いています。
これまで刺したものも一切飾っておらず。
完成したら満足なので、「飾って楽しむ」という部分は私にはないのですね。

可愛い服なんて皆無です~~~v-129
クローゼットを見た人は、「女子寄りの男子」か、「女装が趣味の男?」と思うかもしれません(笑)。
靴も同様で。

私の部屋が男子っぽいと言った大きな理由は、ガンプラやミニカーや戦闘機のプラモがあるからです。
そんな中、ちょっとだけピンク色のコーナーがあるのです←ツ○ヤのv-114コーナーかv-111
キキララとらき☆すたグッズが、薄いピンク色だったり紫色だったりするのですね~。
らき☆すた…やっぱ少年の部屋か!と(笑)。


追伸:楽天ブログでのお話になりますが、T・Jが突入をためらった理由は、私の考察では全くなくて(なんで突入しないんだー!と不審に思っていました)、西郷さんとの会話で理解しました。
[ 2013/06/17 15:10 ] [ 編集 ]
ますますギャップ萌えが…
フユヒさん、こんにちは!
お部屋の詳細、どうもありがとうござりまする~♪♪
なんだか、ギャップ萌えが深まりました♪

フユヒさんの文章やお好みの傾向から拝察されるキーワードが、『繊細』『華奢』『透明』『可憐』『清廉』ですので、それでもって、漢(おとこ)らしい面がある…というのが、なんか、カッコイイと申しますか、健気っぽい感じで。
(あッ…うちのダミ君の内面イメージに近いですかも♪)(ダミ君のオトメの部分が可愛いグッズ収集に♪…という裏設定の感じで♪♪)

> 私の部屋が男子っぽいと言った大きな理由は、ガンプラやミニカーや戦闘機のプラモがあるからです。

ガンプラとか、けっこう数があったのですね☆♪ミリタリーな雰囲気の小説や漫画をお好み…とは思うておりましたが、立体のほうもご蒐集を♪

> 追伸:楽天ブログでのお話になりますが、T・Jが突入をためらった理由は、私の考察では全くなくて(なんで突入しないんだー!と不審に思っていました)、西郷さんとの会話で理解しました。

↑私もあの場面「あれ?T・J、なんで??」とだけ思って、あとで「ああ~、なるほど…」と。フユヒさんはあの時点でピンと来たのかと!!♪
T・J…。ウィンターズと組んでいた頃は、おちゃらけ大雑把さんかと誤解しておりましたが、誰よりも繊細さん…。

今日の放送回で、デッカーさんが西郷さ…もといモラレス氏を繊細(ナイーブ?)と称しておりましたが、『見た目と違って、傷つきやすい刑事ふたり☆』ということになるのでしょうか??
(あれ…あんまりギャップ萌えを感じないような…)
[ 2013/06/17 17:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ナタ55

Author:ナタ55
敬愛する戦国武将は『明石掃部』様♪浦上・宇喜多・黒田、備前や播磨の歴史について勉強中です。
タナキヨ本舗(創作戦国マンガ個人誌☆タナベキヨミ直販)
↑個人誌(同人誌)の通販ページを作成いたしました~♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
あんず雨


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。