あんず雨

戦国時代マンガやミステリーのコミカライズを手がけております☆キリシタン武将・明石掃部様を敬愛しております♪♪

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難攻不落の名残り

2013/07/20 10:31 ジャンル: Category:史跡めぐり
TB(0) | CM(2) [Edit]

こんにちは。
FBページのPost、写真は1Postにつき1画像だけゆえに、二つを同時に載せたい場合は、画像くっつけ処理をしなければなりませず…。

ゆえに、本日はこちらから先に更新いたします。

昨日、別所公法要(絵解き)について少し書きましたが、その舞台となった三木城跡の写真を少々…。

夕方に撮ったので、イマイチ感が漂い、これまでUpせずにおりましたが…。
更新ネタに困り蔵出しです☆

↓三木城の、本丸跡の西側です。
mikijyou02.jpg
今は住宅地の安全のため固めてある斜面となっておりますが、当時は川に沿っての、かなりの断崖になっていたのでは…と。
こちら側から正攻法で攻め入るのは、到底ムリ!!というのがお判りいただけますかと☆

↓この石段の途中で、上の写真を撮ったのですが…。たいそうな急階段で、下りはとても怖かったです☆
mikijyou01.jpg

見えている線路は神戸電鉄・粟生線です。この写真の右手の山腹的なところが『三木上の丸(みきうえのまる)』という駅になっています。

川は美嚢(みのう)川。当時はもっと川幅も水量もある河川だったかと思われます。

この石段を登ったところが城跡公園になっていて、昨日Upの、絵解きの載った案内板や、別所長治公像があるのですが…。

印象としては、『保育園』が、現在の本丸メイン建物…という印象です。(図書館や金物資料館よりも☆)

『三木城』Wikiページ

広大だった城域の、今はほとんどが住宅地になっていて、別所夫妻の首塚のある雲龍寺(うんりゅうじ)は、本丸公園を出て、少し住宅地の中を歩いたところにあります。

…思い出しつつの徒然駄文、普通の旅行記になってしまいましたが、今描いている漫画に登場の三木城背景、これまで遠景ばかりだったのですが、本丸の建物も『らしい』ものを描かなければ…と。

再現CG図などでは、天守閣のような建物は無い、中世城郭…という雰囲気でありますが、名門・別所家だけに、本丸御殿などは壮麗だったかと思われ…。
当時の建物は全く残っておりませぬゆえ、別のお城の御殿などを参考にしつつ、描きたいと思います。

それにつけましても、有岡城や三木城など、遺構すら僅かにしか残っていない『想像図☆』な背景ばかりの今回…。

昨年の旅行で撮った写真は、当然、『建物』の参考には、サッパリならないのでありました~☆


☆定期広告☆
タナキヨ本舗(創作戦国マンガ個人誌☆タナベキヨミ直販)
↑年中無休で開店中です♪

Jコミ タナベキヨミ短編集
↑↓引き続きこちらも…☆



コミック戦国無頼web.9(Renta!)
↑「闇よ、絢爛と」48ページをご公開いただいております。(有料です)

まだ幾店かで「闇よ、絢爛と」収録アンソロジーが販売されておりますので…。


↓楽天ブックス
【送料無料】戦国の女

【送料無料】戦国の女
価格:1,300円(税込、送料別)



【送料無料選択可!】戦国の女 (無頼コミックス 戦國REMIX) (コミックス) / アンソロジー
スポンサーサイト

(滝汗)です
ナタ先生、こんにちは。

当方のブログでは幕張と有明を勘違いし、失礼しました。


資料をあたり、現地に足を運び、それでも想像でしか描けないものを描くというのは、どれだけ難しいことなのでしょう。
私なんぞは「ここに城があった」と聞いても想像すら及びませんv-15
だからこその漫画v-10なのです。
[ 2013/07/20 16:28 ] [ 編集 ]
遠い幕張までお疲れ様でござりました~♪
フユヒさん、こんにちは。

> 当方のブログでは幕張と有明を勘違いし、失礼しました。

いえいえいえ~~、お陰様でタナベ、「そういえば昔、コミ▽は幕張で開催されていたこともあったんだっけ??」と思い出すことが出来ました~~♪
追い出さずに居たら、得難い財源であり続けましたのに、千葉県、短慮でござりましたな…。

> 資料をあたり、現地に足を運び、それでも想像でしか描けないものを描くというのは、どれだけ難しいことなのでしょう。
> 私なんぞは「ここに城があった」と聞いても想像すら及びませんv-15
> だからこその漫画v-10なのです。

嬉しきお言葉、どうもありがとうございます!!
基本、出不精のタナベ、よほどでないと、現地にGO!というギアが入らないのですが、昨年は、城跡を見学…と申しますより、「半兵衛様のお墓参りがしたい…」というのがメイン目的だったのです。

史実の半兵衛様でなく、拙作の『うちの半様』ではあるのですが、仮にも、お亡くなりのシーンを描かせていただくにあたって、お参りをさせていただきたいな…と。

半兵衛さまが、生涯の終わりにご覧になったであろう、三木の優しげな丘陵風景が見られたのが、一番、良い取材になった気持ちです。

生死不明の明石掃部様には、お墓が無いので(あるにはあるのですが、あくまで伝承のお墓…)、関ヶ原後の数年間を、比較的穏やかにお過ごしになれたであろう秋月に行ってみたいです。
来年大河が始まると賑やかになってしまうので、今年のうちに…と目論んでいるのですが、既に「軍師官兵衛」の幟が、林立しているようです☆☆
[ 2013/07/21 10:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ナタ55

Author:ナタ55
敬愛する戦国武将は『明石掃部』様♪浦上・宇喜多・黒田、備前や播磨の歴史について勉強中です。
タナキヨ本舗(創作戦国マンガ個人誌☆タナベキヨミ直販)
↑個人誌(同人誌)の通販ページを作成いたしました~♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
あんず雨


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。