あんず雨

戦国時代マンガやミステリーのコミカライズを手がけております☆キリシタン武将・明石掃部様を敬愛しております♪♪

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッド・ドラゴン

2012/04/20 08:57 ジャンル: Category:書籍
TB(0) | CM(0) [Edit]

ラジオから、グールドのピアノが聴こえて来たから…という訳ではありませぬが…。
例え人様からドン引きされましょうとも、この小説を「大好きッ♪♪」と公言すること憚らず…☆

レクター博士シリーズでは、映画のおかげで「羊たちの沈黙」のほうが有名となっておりますが、小説においては、第1作めの「レッド・ドラゴン」が最高…と、私は思います。

レクター逮捕に至る、捜査官グレアムの勘、その後、幽閉の身となったレクター博士が、『どうしてグレアムが自分を捕まえる事が出来たのか?』という理由を、グレアムの背に投げかけるまでの描写が、たまらなく私めのツボなのでござりまする♪(もう、どう思われてもイイっス、自分)

レクター博士との最初の出会いは私も「羊たちの沈黙」が先でした。
映画化によって有名になった作品でござりましたゆえ、まずはそちらから原作に入り、そして初めて、前作「レッド・ドラゴン」の存在を知った次第です。
ゆえに、「羊たちの沈黙」冒頭で語られる『ウィル・グレアムの運命』を先に知ってしまってから「レッド・ドラゴン」を読み始めた訳でござりまするが、そうやって『結末』を知りながら読んでも、読後、しばし放心状態になるくらいの感動をおぼえました。

「レクター博士、クラリスには『親切』だったけど、ウィル・グレアムは『男』だから、容赦無いな~~」などと思うたものでござりまするが、それだけに「レッド・ドラゴン」でのレクター博士は、キレのある描写に満ち満ちていたように思われます。
「羊たちの沈黙」でのレクター博士が、『ソフト』とか『紳士的』などと思えるくらいに…。

前置きが長くなりましたが、レクター博士をして『(私たちは)瓜二つ』と言わしめたウィル・グレアムに、『あのまま』終わって欲しく無いのでござりまする。

レクターと同じ精神構造(精神作用?)を持ちながら、それでもひたすらに善なる人間だったグレアムとしては、「羊たちの沈黙」で語られる消息通りの余生しかあり得ないのかも知れませぬが、レクター博士にしても、『もっとも手ごわい敵』だったグレアムが、あのままフェードアウトしてしまう事を残念に思っていたかもしれない…とまで考えてしまうのです。

何か、グレアムに秘められた『殺人者の要素』が顕現してしまうきっかけのような事件が起きて、クラリスとの人生をエンジョイ(ヲイ)しているレクターの元に、復讐者として現れる…という『マイ妄想♪続編』、トマス・ハリス先生、書いて下さらないかしらん~~。(妄願望)

『仲良く3人で暮すオチ』だったらどうしよう…とも思ひつつ。


しまった…前編の長~い感想文、どこかで半分切って、こちらにコピペすれば良かった…と思いつつ☆
前編の感想文も過去ブログからの流用なのですが、何度か書いている中から他のを…と思いましたものの、取りとめのない萌え吠え日記ばかり…。

(↓こんな感じなのばかり…☆)
そう…。私めが一番好きな『ハンニバル・レクター』は、「レッド・ドラゴン」での、ひたすらに恐ろしい彼…。

狂気に満ちていて、でも誇り高く真直ぐで、ウィル・グレアムを『同胞』として迎えたい彼…。(←ココ重要☆)(ウットリ…)

「うそッ!!『羊たちの沈黙』のレクター博士って、相手が女子(クラリス)だったから、甘々になっちゃってたんだ…!!!」と、衝撃を受ける…という順序。
(博士…。その後は坂を転がるように恋ボケ路線へ…)(小声☆)

『シリーズ』になってしまいましたが、この作品…。
ある意味、「レッド・ドラゴン」のみで終わって、『レクターとグレアムのその後』みたいなのを、あれこれ妄想するほうがステキでござりましたやも…。

ってか、今後さらなる続編があるなら、ぜひ『グレアム・リターンズ』で♪♪
…ウィル・グレアム…。
『恐るべき同胞』としてレクターの前に現れる編を、ぜひに…。
(止まらない妄想)

…前編には、もそっと『文』になっている感想を載せました☆そちらをご覧いただけますれば幸いであります☆☆(ペコリ)



スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ナタ55

Author:ナタ55
敬愛する戦国武将は『明石掃部』様♪浦上・宇喜多・黒田、備前や播磨の歴史について勉強中です。
タナキヨ本舗(創作戦国マンガ個人誌☆タナベキヨミ直販)
↑個人誌(同人誌)の通販ページを作成いたしました~♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
あんず雨


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。