あんず雨

戦国時代マンガやミステリーのコミカライズを手がけております☆キリシタン武将・明石掃部様を敬愛しております♪♪

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蝶になった魂

2014/01/07 17:02 ジャンル: Category:拙作周辺
TB(0) | CM(4) [Edit]

FBページからの流用更新ご無礼いたします。

こんにちは。
大河初回をまだ観ておりませぬゆえ、ネタも無いですし、じっくり駄文打ちの時間も無いのですが…。たまには更新をしておかねば…と、またぞろ過去画像Upにてご無礼仕ります。

okini160.jpg

以前もカラー版とモノクロ版を載せた記憶があるのですが、モノクロのほう、元画像を本日整理いたしましたので(大元の画像は保存してある…はず)、新たにWEB用に加工しました。

okini105.jpg


『反魂の蝶』というタイトルを付けたイラストで、昨年夏の日記で「明石たんのところへ、ある人の魂が蝶になって帰って来たのかも…というイメージです。」と記載しておりましたが…。

反魂の蝶(2013/08/04の日記)

『ある人』とは、竹中半兵衛様です。
拙作「虹を見送る雨」でご逝去…と申します訳で、打ち明けさせていただく次第です。

「虹を見送る雨」(拙作個人誌通販ページ)

随分前に、庭に黒っぽい揚羽蝶が飛んで来た折、ひょっとしてカラスアゲハ??と思いながら、その黒っぽい感じが、うちの黒髪ロン毛半兵衛様のイメージかも…と。
(ちなみに真のカラスアゲハは市街地には生息しないようですので、うちに来たのは、黒っぽい別のアゲハだった気がします)

古来、蝶は人の魂とも見る…ということで、自分に寄って来たカラスアゲハを、師の魂と思う明石たん…と考えて描きました。

もう随分前に描いた気がしますが…。
なんか、やたら寂しい絵ばかり描いていた時期に…という記憶がありますゆえ、震災後ほどない頃だったかも知れません。

ときに、蝶が群れ飛ぶ植物園などで、ある人の頭にだけやたら蝶が群がる映像を見たことがありますが、あれはやはり、蝶がグッと来るフェロモンに似たヘアケア剤を使っている人…ということになるのでしょうか…。

人によって、蝶が大嫌い(粉っぽいので?)という方も居りますゆえ、そういう方が、たまたま蝶ツボど真ん中のヘアケア剤をご使用の場合、大変なことになってしまいますな☆

うちの明石たんは、トンボにもよく止まられるので、素のままで昆虫に好かれる人なのかも知れませぬ。


☆定期広告☆
タナキヨ本舗(創作戦国マンガ個人誌☆タナベキヨミ直販)
↑年中無休で開店中です♪

Jコミ タナベキヨミ短編集
↑↓引き続きこちらも…☆



コミック戦国無頼web.9(Renta!)
↑「闇よ、絢爛と」48ページをご公開いただいております。(有料です)

まだ幾店かで「闇よ、絢爛と」収録アンソロジーが販売されておりますので…。


↓楽天ブックス
【送料無料】戦国の女

【送料無料】戦国の女
価格:1,300円(税込、送料別)



【送料無料選択可!】戦国の女 (無頼コミックス 戦國REMIX) (コミックス) / アンソロジー
スポンサーサイト

今回は
石神井来れそうですか?
[ 2014/01/09 22:49 ] [ 編集 ]
Re: 今回は
みなみさん、おはようございます。

> 石神井来れそうですか?

なな、なんと、その日は新年会なのです…。
週末の予定などめったに無い私ですが、お楽しみ行事に限って、妙にかち合ってしまうのですよね…。

来月もイベントと重なってしまう予感…。
あいすみませぬ…。
[ 2014/01/10 09:23 ] [ 編集 ]
想像力
ナタ先生、こんにちは。
揚羽蝶~カラスアゲハ??~半兵衛様?
素敵な連想ですね。
さすが作家さんの想像力です。


女性は「関係」に、男性は「カリスマ性溢れる個人」に萌えるというお話、面白かったです。
言われてみれば納得です。
そのためか、書店に女性向けBLコーナーがけっこうな広さを確保しているわりに、男性向け百合コーナーというのがないのかな。
いや、あるけど私が知らないだけ?
ひっそりとあるのかも(笑)。
でもBLコーナーほど堂々と大きな売り場にはなっていないっぽいですよね。
男性は、女性同士が心通わせていくのを観てもあんまり…v-15萌えないのですかねぇ。
[ 2014/01/10 14:25 ] [ 編集 ]
Re: 想像力
フユヒさん、こんにちは。

> 揚羽蝶~カラスアゲハ??~半兵衛様?
> 素敵な連想ですね。
> さすが作家さんの想像力です。

お言葉どうもありがとうござりまするーー♪(照れ照れ)
が、私の場合『想像力』ではなく、『妄想力』なのであります☆(`・ω・´)キリッ
漫画を描いている真っ最中などは、何を見ても己の漫画世界(妄想世界)への連想となり、心地良くはあるのですが、「現実を捨ててるな…」と反省することも…。

前回、法事広島旅で親類から言われたのですが、「キヨミちゃんは『墓(死んだ人)』が好きだよね」と。その『好きな墓』も、マイ先祖の墓でなく、吉川広家さんや安国寺恵瓊さん、福島正則さんのお墓…。(いえ、マイ先祖の墓も好きです…)(←如何にも付け足しっぽい??)
(これに続けて、具体的な愚痴も書いてしまいましたが、自制いたしました☆)

> そのためか、書店に女性向けBLコーナーがけっこうな広さを確保しているわりに、男性向け百合コーナーというのがないのかな。
> いや、あるけど私が知らないだけ?
> ひっそりとあるのかも(笑)。
> でもBLコーナーほど堂々と大きな売り場にはなっていないっぽいですよね。
> 男性は、女性同士が心通わせていくのを観てもあんまり…v-15萌えないのですかねぇ。

殿方は、百合という『関係性』には萌えていないと思います。

女子の場合、「相手が同性なのに好きになっちゃった私…え、でも彼女もひょっとして私のこと??」というところにドキドキするのですが、殿方が好きな百合は(異性愛においても)『行為』なのです。(キッパリ)

そこに精神性は不要なのです。(むしろ精神性を描くページが長いと『飛ばす』と思います)

彼らはただ、可愛い女子が二人、イチャイチャしていれば良いのです。(できれば、あられもない姿で☆)

殿方にとって百合の嬉しいところは「『オトコの裸』なんか見たくねー!!」という思いが完全に叶えられるところです。(あ、だから触▽モノも人気なのか☆)
で、ござりましょうゆえ、百合もR18コーナーの一角にあっても、それだけで特設するほどの大ジャンルにはならないのでござりましょう。(たぶん)

この男女間の好みの違いは、脳の違いでもありましょうゆえ、(お互い『知識』で歩み寄ることは出来ても)永遠に埋まらないのでござりましょうな☆
[ 2014/01/10 16:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ナタ55

Author:ナタ55
敬愛する戦国武将は『明石掃部』様♪浦上・宇喜多・黒田、備前や播磨の歴史について勉強中です。
タナキヨ本舗(創作戦国マンガ個人誌☆タナベキヨミ直販)
↑個人誌(同人誌)の通販ページを作成いたしました~♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
あんず雨


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。