あんず雨

戦国時代マンガやミステリーのコミカライズを手がけております☆キリシタン武将・明石掃部様を敬愛しております♪♪

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ無謀な試み

2014/04/25 17:34 ジャンル: Category:拙作周辺
TB(0) | CM(0) [Edit]

FBページからの流用更新、ご無礼仕ります。

こんにちは…。
気が付けば夕方。(しばしボンヤリ…)日が長くなりましたなぁ…。

別描き背景作業に早速飽きて、本日、趣味漫画本編のペン入れを始めてみましたものの…。
液タブ様でのペン作業に慣れず、1ページぶんで一日が終わろうとしております。

液タブ様導入直後のお遊び3ページ漫画「相思相違い」はあっという間にペンが入った記憶があるのですが、あの折は『憧れの液タブ作業実現』で有頂天だったがためのハイスピードだったのでござりましょうな☆

液タブを使い慣れていらっしゃる漫画家さんから「慣れるまではアナログより時間がかかる」とうかがっておりましたが、今更ながらに実感しまくりであります。

お目汚し途中原稿は、細部はさておき、なんとか形が出来たかな…という訳で、Upご無礼いたします。
(一コマめの背景は別描きのをコピペしましたゆえ、今日の作業時間には含まれていないです…)

like017.jpg

苦闘の跡をご覧いただこうと、下絵の線も入れたままにしてしまいました☆

実は…。下絵とか申して、ネーム(絵はほとんどアタリ状態)をスキャンして、それを拡大したものなのであります…。
趣味漫画ゆえに、ちゃんとした下絵の過程をスルーしちゃおうかな…と☆

アナログ原稿における、『ネームを見ながら原稿用紙に下絵を描く』というのと、『ペン入れ後の消しゴム作業』が無くなることによって、仕上げまでの時間がかなり節約できるのでは…と目論んだのでありますが…。

今のこの、牛の歩みより遅いペン入れっぷりを考えますと、トータルでかかる時間は、アナログ作業時と同じくらいか、もっと遅くもなりそうで☆

正直、主線のペンを入れ始めて5分くらいで、「やっぱりペンまではアナログにしたほうが??」という弱気が頭をもたげたのですが、ここで挫けては、奮発して液タブ様を導入した甲斐が無い!と思い(セコ~)、今後も頑張ってみることといたしました。

…明日にはまた「やっぱアナログに戻…」とか思ってるやも知れませぬが☆

(コピペ終わり)

…ここ(ブログ)だとヘタ文字が、かなりはっきり見えちゃってて、恥ずかし過ぎでありますな☆

下方の、明石たんの身体にかかってしまっている文は、入れようかどうしようか迷って、一応書いておいたものです。
このように、ネームは迷いに迷いながら作成するものなのであります☆
(それを下絵に流用するなどとは、無謀にも程がある…という感じにて候~)


こちらもまだまだヨロシクです♪
↓「増刊ハーレクイン リン・グレアム特集号」に全文掲載の「秘密の妻」の挿絵を描かせていただきました♪ 



☆定期広告☆
タナキヨ本舗(創作戦国マンガ個人誌☆タナベキヨミ直販)
↑年中無休で開店中です♪

Jコミ タナベキヨミ短編集
↑↓引き続きこちらも…☆



コミック戦国無頼web.9(Renta!)
↑「闇よ、絢爛と」48ページをご公開いただいております。(有料です)

まだ幾店かで「闇よ、絢爛と」収録アンソロジーが販売されておりますので…。


↓楽天ブックス
【送料無料】戦国の女

【送料無料】戦国の女
価格:1,300円(税込、送料別)



【送料無料選択可!】戦国の女 (無頼コミックス 戦國REMIX) (コミックス) / アンソロジー
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ナタ55

Author:ナタ55
敬愛する戦国武将は『明石掃部』様♪浦上・宇喜多・黒田、備前や播磨の歴史について勉強中です。
タナキヨ本舗(創作戦国マンガ個人誌☆タナベキヨミ直販)
↑個人誌(同人誌)の通販ページを作成いたしました~♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
あんず雨


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。