あんず雨

戦国時代マンガやミステリーのコミカライズを手がけております☆キリシタン武将・明石掃部様を敬愛しております♪♪

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダメだから…イイ感じ♪

2014/10/22 11:11 ジャンル: Category:妖怪ウォッチ
TB(0) | CM(0) [Edit]

こんにちは。

よく考えてみますれば、呑気にブログに駄文書いてる場合じゃないじゃん!という状況なのですが…。
昨日書きかけたまま、半月ほど留守にしてしまいますと、あれっきりになる可能性大ですので、ササッと更新させていただきたく思います。

昨日駄文『残念なカブトガニ』に記載の「時折思うのが、彼、執事としては周囲も認めるダメっぷりでありますが、『子どものそばに居てくれる(家族以外の)大人』としては、最高の存在…という気がするのです。ある意味、ケータきゅんにとって、最高の『師』なのでは…と。」につきまして…。

ダメダメ執事妖怪ウィスパーが『最高の師』って、どうよ…と私も思うのですが、アニメ視聴の折々で、ウィスパーのダメっぷりこそがケータの精神的成長を促している印象がありまして…。

初回からして、ドンヨリ―ヌと『交渉』してケータの家から出て行ってもらう…というのを引き受けておきながら、『無視されたから、即、武力行使!』というダメ交渉人ウィスパーの代わりに、『自分で交渉する』と言い出すケータきゅん。
(それを聞いたウィスパー、『ほほう』と感心している?ので、ひょっとしてケータを試した?疑惑もありつつ)

『この人(妖怪)頼りにならないから、自分で頑張らなきゃ』と、ケータきゅんは、『自発的』に思った訳です。

最終的な解決はウィスパーが手助け?してくれる展開にはなるのですが、ケータの言葉はドンヨリ―ヌの心に届いて、ちゃんと『交渉』になっていることが伝わる描写になっています。

妖怪執事として、ケータ周辺に起こる『妖怪不祥事案件』を解決する…と言ったくせに、ウィスパーのダメっぷりは初回に留まらず、(ジバニャンほどの戦闘力もないぶん)ほとんど手助けにもなっていないので、ケータはその都度、自分で何とかしなくてはならない展開になります。

解決のために呼び出す妖怪のチョイスも、大抵、ケータ自身が考えて、しかも「お♪とっさによくこの妖怪を呼び出して、効果的に使ったな…」と思わせるほどのナイス使役っぷり。(脚本家さんが上手いのだな…という、大人感想も持ちつつ☆)

「ケータきゅん、『軍師』として、どんどん場数踏んでるじゃん♪」という気分にも☆

『ウィスパーが頼りにならない』からこそ、ケータは精神的に、急速に成長できているのです。

そばに居てくれるのが『何でも解決してくれる、頼りになる妖怪執事』だった場合、某ノ▽太くんのように、ケータきゅんもウィスパーに頼り切っていたかも知れません。(そんな展開の『妖怪ウォッチ』、まったく想像できない…。ウィスパーの妄想内でのみ、そういう展開になってるのかも☆)

「この人、頼りにならないなぁ…。でも一緒に居て(ちょっとウザい時もあるけど)すごく楽しい」というところで、ふと『寅さん』を思い出した昭和育ちタナベですが…。
昭和テイストに満ち溢れてる「妖怪ウォッチ」ワールド、ウィスパーのキャラ設定、それも計算に入れられておりますやも??

もう一つ…『子どものそばに居てくれる、家族以外の大人』としてウィスパーがイイな~と思うのが、(自称・執事だけに)『敬語をナチュラルに使いこなしている』ところです。

基本、ですます調で、物言いが丁寧なのですが、おふざけ口調にもすぐなれるし、ウィスパーと一緒に過ごすうちに『社会人としての、イイ感じの会話術』が自然に身に付きそうに思うのです…。

交渉術やトラブル回避能力にもどんどん長けてゆくケータきゅん、敬語もバッチリになった暁には、シューカツ等で、無敵ではないですか!!

…と、申します訳で、ウィスパーは『ダメ執事』だからこそ、素敵な存在なのです♪♪(本人、ダメ烙印は不本意と思いますが)

そうそう、ブログ友フユヒさんが以前、ウィスパーは(妖怪について無知という以前に)ケータに妖怪ウォッチで照らしてもらわないと他の妖怪が見えない?…との疑問をお書きで、私も「そういえば…」と思ったのですが…。

初回、(妖怪ウォッチを付ける前の)ケータには見えなかったドンヨリ―ヌ、ウィスパーにはちゃんと見えていて、でもその後、ケータがウォッチで照らすまでジバニャンは発見できていなかったようですので、『妖怪ウォッチを所持していないと、妖怪同士でも、お互い見えない妖怪がいる』という感じなのかな…と。(だから、零式発売の折、妖怪たちもウォッチ獲得に行列したのかも?)

とは申せ、今のウィスパーは、零式もしくは旧式のどちらかを常に内蔵している状態…。なのに、相変わらず、見えてない妖怪が多いので、上記仮説は成り立たない気も…。(単に注意力散漫なダメ執事☆)

前にもチラリ書きましたが、ウィスパーにだけ『○○族』という分類が無いですし、彼が封印されていた『190云年』という年数も気になりますし…。
でも『得体が知れない』と思うには、ダメ妖怪っぷりが愛らし過ぎて☆

ジバニャンに関しては、悲しく切ない設定に魅了されて愛が募り、ウィスパーは『謎』の部分に妄想意欲をかき立てられて…と、目下、そういうハマり方をしているのだな…としみじみ再認識。

とにもかくにも、二人(二妖怪)が、ホントにそばに居てくれたら、毎日楽しいだろうな~~と、時折かなり本気で思う、痛過ぎ大人タナベであります☆





↓引き続き、よろしくお願いいたしまするー!!↓



☆定期広告☆

↑キンドル版拙作です♪(絶版マンガ図書館 タナベキヨミ短編集では無料でご覧いただけますので、まずはそちらで♪)(商売っ気無し…)

タナキヨ本舗(創作戦国マンガ個人誌☆タナベキヨミ直販)
↑11月下旬までお休みをいただいております。(平伏)

絶版マンガ図書館 タナベキヨミ短編集
↑↓引き続きこちらも…☆



コミック戦国無頼web.9(Renta!)
↑「闇よ、絢爛と」48ページをご公開いただいております。(有料です)

まだ幾店かで「闇よ、絢爛と」収録アンソロジーが販売されておりますので…。


↓楽天ブックス
【送料無料】戦国の女

【送料無料】戦国の女
価格:1,300円(税込、送料別)



【送料無料選択可!】戦国の女 (無頼コミックス 戦國REMIX) (コミックス) / アンソロジー
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ナタ55

Author:ナタ55
敬愛する戦国武将は『明石掃部』様♪浦上・宇喜多・黒田、備前や播磨の歴史について勉強中です。
タナキヨ本舗(創作戦国マンガ個人誌☆タナベキヨミ直販)
↑個人誌(同人誌)の通販ページを作成いたしました~♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
あんず雨


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。