あんず雨

戦国時代マンガやミステリーのコミカライズを手がけております☆キリシタン武将・明石掃部様を敬愛しております♪♪

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「意外とツルッと…」(思い出し号泣)

2014/12/17 17:48 ジャンル: Category:妖怪ウォッチ
TB(0) | CM(4) [Edit]

こんばんは。
昨日リンク申し上げたGyaOさんの「妖怪軍師ウィスベェ」(『妖怪ウォッチ』最新回)、今週土曜日のお昼に次の最新回に変わってしまいますゆえ、まだご覧でないかたはお早目にー♪

GyaO「妖怪ウォッチ」第1回ほか
動画画面下方のサムネイル右側を何回かクリックすると最新回の『第47話「妖怪軍師ウィスベェ」』が出て参ります。
(ちなみに初回のあと『第25回「ジバニャンの秘密」』をご覧いただくのも、激!オススメであります♪)

ふだんは1回2回と最新回のみなのですが、現在21回ぶん(セレクション)が無料配信されております。期間限定と思われますゆえ、第3回以降をご覧になるかたは、お急ぎのほうが宜しいですやも。

さてさて。私は先ほどまた、気になるシーンを中心に観直してしまいましたー☆
「妖怪軍師ウィスベェ」、『主要キャラの過去エピソード回』だけに、「ジバニャンの秘密」に匹敵する見ごたえ♪

…あ、以下↓、ネタバレリーナ降臨で、吠え綴りたく存じます☆(未見のかたはご用心☆☆)

「ジバニャンの秘密」回にも登場の、時を操る妖怪キンとギン…。能力的に妖怪の域を超えている…というのはさておき、名称の元?が『きんさん・ぎんさん』という、かつて実在のほのぼの双子さん…ということ、今のお子は知らないだろうな…と。(遠い目)

この二人(二妖怪)の能力のおかげで、天正18年から慶長5年までの10年間を30分アニメで描き切るという、スゴ過ぎる構成に…。
天正18年は秀吉の北条攻めがあるので、あの『ツバメで風向きが…』というムチャな戦法は、(某城での水攻め失敗のアレはさておき)北条方との小競り合いで…という設定??と深読みしてしまいましたり☆

二度目に観た時、ここで三成が、自分が『決めずの殿様』であることに、もっと悩んでいることを強調しておけば、終盤ウィスベェに告げた『(ウィスベェのおかげで)悩むよりも先に、前に進む大切さに気付いた』というセリフがもっと際立ったのに…とも。

ウィスベェの(いい加減なアドバイスの)おかげで、家臣や領民に より慕われる殿様になって行ってる場面も、数秒の回想画像だけじゃ、もったいない…と思ったりもしましたが…。
三成とウィスベェの交流が、もっと詳細描写だった場合、ラストは落涙では済まず、大号泣してしまったことでござりましょうな…。
(あれこれ妄想補完してしまってる今は、しっかり号泣☆)

とにもかくにも…。
主従?お別れの間際、ついに見ることは叶わなかったウィスベェの姿を恐ろしげなもの…と想像しているらしい三成に、「意外とツルッとしております~~!!」と涙ながらに告げるウィスベェの場面…。
(それを聞いた三成の表情が妙に愛らしく♪)

三成の最後の出陣を見送ったあと、現代に戻りながらもずっと涙を流し続けてるウィスベェ…。
ケータきゅんへの想いと申せ、ウィスパーってば、取り憑いた人間へ抱く情が深過ぎる妖怪…。

ケータきゅんと申さば、戦国時代の圭之助くん、佐和山城下に暮らしている…ということは(天正18年に、現代のケータ11歳と同い年だった場合)、関ヶ原合戦の年は21歳…。
ひょっとして、石田軍の中に?…出陣はしてなくとも、関ヶ原主戦後の佐和山城の末路を思うと無事では済んでいないことと思われ、微妙な気持ちに…。(圭之助くん、フェードアウトでしたが☆)

佐和山城は、最初に観たとき「うわ…安土城的豪華さ…」と思ったのですが、関ヶ原前は、本当にあれくらいの規模だったかも…と。(『三成に過ぎたるものが二つあり、 島の左近と佐和山の城』と言われたほどですし!)

次に新幹線で佐和山城跡を通過する時、以前とは違う感懐を抱きそうな…。

…まだまだ語り切れない気持ちですが…。
「妖怪ウォッチ」、奥が深いです…。(しみじみ…☆)





スポンサーサイト

脱帽!
あの30分枠から、ここまでいろいろいろいろ掘り下げ想像なさるのですね~~。
本編もあのOPも、歴史がお好きな人はたくさん笑ったり感心する場面があるのだろうなと思いました。
OPは大河のパロだったりするのでしょうか。
私、ぴんとくるものが何もなく(涙)。

60分枠とか映画になってもよさそうな感じがありましたね。

「意外とツルッとしております~~!!」は笑いました。
ウィスベェ、自分の質感を自覚しているんだ。

今日は90分枠。
コマサンタってどんなかな~~v-238
[ 2014/12/19 16:06 ] [ 編集 ]
Re: 脱帽!
フユヒさん、こちらにもコメントを、どうもありがとうございます。

> あの30分枠から、ここまでいろいろいろいろ掘り下げ想像なさるのですね~~。
> 本編もあのOPも、歴史がお好きな人はたくさん笑ったり感心する場面があるのだろうなと思いました。
> OPは大河のパロだったりするのでしょうか。
> 私、ぴんとくるものが何もなく(涙)。

CGと実写映像の合成が時々不自然…と感じる某大河より、アニメ表現のほうがCGもナチュラルに見えるな~と思ったりもしました。
人物や妖怪がシルエット…というのも、格調高い感じでツボでありました♪

> 60分枠とか映画になってもよさそうな感じがありましたね。

スピンオフで、「妖怪・歴史ウォッチ」をやって欲しい気持ちです☆
どの時代でも的外れな知ったかぶりを披露するウィスパーに、歴史に妙に詳しいジバニャンが的確にツッコむ…という構成で☆☆

> 「意外とツルッとしております~~!!」は笑いました。
> ウィスベェ、自分の質感を自覚しているんだ。

ウィスベェ、三成様に、最後にひと目、自分を見てもらいたかったのだろうな…と。(落涙…)
妖怪ウォッチ装着前からウィスパーが見えるケータきゅんって、実はものすごく特別な存在?と気になっております。

> 今日は90分枠。
> コマサンタってどんなかな~~v-238

兄弟で可愛いサンタさんになるのでしょうか♪楽しみでウィス♪♪
[ 2014/12/19 17:18 ] [ 編集 ]
中の人
ナタ先生、おはようございます。
「妖怪軍師ウィスベェ」を観て、「私が知ってる石田くん(@戦国BASARA3)とずいぶん印象が違うな」と思って、久しぶりにBASARA3の説明書を見てみたら、石田くんの中の人が関さんでした。
なぜか一人でちょっとテンション上がりました。

コマサンタ、かわいかったなー。
コマじろうサンタに助けられたのに、タクシーに乗った件を諌める兄ww
アド街と絡めた企画も楽しかったですし、テレ東へのラブ度がちょっと上がりました。
番組終了後、次から次へといろんな企業のCMにケータ達が出てくるのでくらくらしてきました(笑)。
と思ったら急に『インテリア日和』というミニ番組が始まって軽く驚愕しました。
本編だけでなくCM中でもこれでもかこれでもかと見せられた妖怪ウォッチ攻勢に、BBAの頭は若干ボーっとなりましたwww
[ 2014/12/23 10:21 ] [ 編集 ]
Re: 中の人
フユヒさん、こんにちは。

> 「妖怪軍師ウィスベェ」を観て、「私が知ってる石田くん(@戦国BASARA3)とずいぶん印象が違うな」と思って、久しぶりにBASARA3の説明書を見てみたら、石田くんの中の人が関さんでした。
> なぜか一人でちょっとテンション上がりました。

数多の人気武将の中から、よりによって石田三成が選ばれたのは、ウィスベェの中の人も演じておられるからなのでは…と☆(制作サイドのノリとして)
そうそう、ウィスパーが妄想・八頭身医師になった折の口調が「三成さんっぽかった♪」と書かれている文を、どこかで拝読いたしました♪
ウィスベェの中の人、「三成様ーーー!」と絶叫した折のお気持ちや如何に…♪と、気になったりしております☆

> コマサンタ、かわいかったなー。
> コマじろうサンタに助けられたのに、タクシーに乗った件を諌める兄ww
> アド街と絡めた企画も楽しかったですし、テレ東へのラブ度がちょっと上がりました。
> 番組終了後、次から次へといろんな企業のCMにケータ達が出てくるのでくらくらしてきました(笑)。
> と思ったら急に『インテリア日和』というミニ番組が始まって軽く驚愕しました。
> 本編だけでなくCM中でもこれでもかこれでもかと見せられた妖怪ウォッチ攻勢に、BBAの頭は若干ボーっとなりましたwww

あの日、いつもの30分間だけしっかり観て、あとは洗い物等での多忙タイムゆえに「録画で観ればイイか~」と思うておりましたら!実に、観ていたその30分間しか録画されておりませず!(番組によっては自動で予約枠が拡大するので、油断しておりました…)
紆余曲折を経て、コマさん兄弟のサンタぶりも無事、視聴できましたが…。(アド街パロ部分はチラ観のみ☆)
コマさんもコマじろうにプレゼントをあげてーーー!と一瞬思うてしまいました☆…でも、コマじろうにとっては『にいちゃんの手料理』こそが最高のプレゼント??と思い直し…。
どんだけ『お互い想い』の兄弟!?と、じんわりいたしました♪

そうそう、各企業、もんげー便乗ぶりですが、『クルマ業界』だけは、ジバニャンが車を嫌ってるので難しいだろう…と思うておりましたに!ダイハツさん…普通に、ナチュラルな便乗CMを…。
…ってかジバニャン…。トラック以外の車は、もう憎まないことに??
「妖怪ウォッチ」の楽しい雰囲気が世の中も明るくしてくれれば…と願うばかりです。(←なんか遠いところから述べてる感じ??)(障子貼り疲労で魂抜け中~☆)
[ 2014/12/23 15:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ナタ55

Author:ナタ55
敬愛する戦国武将は『明石掃部』様♪浦上・宇喜多・黒田、備前や播磨の歴史について勉強中です。
タナキヨ本舗(創作戦国マンガ個人誌☆タナベキヨミ直販)
↑個人誌(同人誌)の通販ページを作成いたしました~♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
あんず雨


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。