あんず雨

戦国時代マンガやミステリーのコミカライズを手がけております☆キリシタン武将・明石掃部様を敬愛しております♪♪

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』ようやっと鑑賞~

2015/01/21 17:05 ジャンル: Category:妖怪ウォッチ
TB(0) | CM(2) [Edit]

こんにちは。
年明けほどなく観よう!と思いながらも、諸般の事情で延び延びになってしまっていた「妖怪ウォッチ」劇場版、本日ようやっと鑑賞して参りました~☆

『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』公式サイト

大画面でジバニャンとウィスパーを拝めるだけで幸せ…と、心底から思ってる己に気付き…。
自分で意識している以上に、ハマっていることを実感したのでありました。

物語自体はとてもシンプルで、ネタバレというほどのことは書かないかも…と思いつつ…。
これからご鑑賞のかたは、以下、ご覧にならないほうが良いかと思われます。

テレビ等での予告の通り、冒頭、就寝中のケータきゅんの腕から妖怪ウォッチが消滅してしまい、それまでの妖怪とのふれあい記憶までもが失われてしまうのですが…。

この予告を見て抱いていた、『ケータきゅんに忘れられてしまったウィスパーやジバニャンが、悲しそうにしてるシーンがあるのでは…』という密やかな(外道な)マイ期待、あっさりと裏切られ…。(さすが、斜め上展開が基本の『妖怪ウォッチ』☆)

序盤サクサク展開のため、『いつもの3人』の雰囲気にすぐ戻り、あっという間にタイムスリップ。

…過去の世界の村人が怪魔に取り憑かれてるのは、展開上見せ場があるから良いとして、現代の駅員や村人が取り憑かれてるらしい描写は、要らなかったのでは…と、細かい回想に及んでおり。(重箱の隅ツツキ的回想)

時間の都合で、カットしたシーンがあるのかしらん…。

それはさておき、少し前の日記「『契約』の友情」で「妖怪ウォッチ」の世界観の中での『友情』は、主に、『契約』によって成立してるんだな~と。←などと断じてしまったのですが、映画でのケイゾウ(ケータの祖父)の「(妖怪たちとは)友達じゃない」といったセリフから、その辺りも掘り下げてくれそう…と、もんげー期待を♪

ケイゾウのセリフは、妖怪たちとのふれあいとは違ったところでのトラウマから…だったので、そこは肩透かしだったのですが…。

彼とフユニャンとの友情、ケータきゅんとウィスパー&ジバニャンのそれよりも、ナイーブそうな関係性がうかがえて、『「妖怪ウォッチ」における友情とは』ということが、さらに気になるようになりましたー☆
(話は逸れますが、ジバニャンとオロチのやりとりから、『メダルを介さない妖怪同志の友情のほうが純粋?』という妄想で、目下楽しんでおり♪)

あ、オロチの登場は無かったでうぃす…。(残念☆)
でも、TVアニメでは拝めていないキュウビの攻撃シーンや、コマさんバトル参加が観られて良かったです♪(コマさんの必殺技・ひとだま乱舞、一瞬だったので、あっという間に過ぎてしまい…。も一度見たい…)

(いろいろ反芻中)
ウバウネの過去が、もんげー気の毒だったので、単に倒すだけ…ではない終わり方にして欲しかった気もしますが、ラスボスは完全打倒…というほうが、お子向きアニメではスッキリ終わって良いのかも知れませんな…。

あ、映画パンフ、装丁が激ツボで、持ってるだけでも嬉しい気持ちに♪
…でもこれ、お子向けでもなく、若いパパママ向けでもなく、祖父祖母世代が喜ぶ装丁なのでは…。
↓詳細が紹介されているページ(omo69ブログさん)
『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』のパンフレットを買いました!これはメチャ買いです!
↑パンフの魅力すべてが紹介されている素敵ページです♪♪

…ケイゾウの時代で描かれる町の様子など、じっくり見直したいですなぁ…。
オート三輪が出て来てましたなぁ…。

ムクムクと高まるBD・DVD欲しいゴコロ…。ディレクターズカット版でもって、特典映像満載だったら、購入決定ですやも☆


(↓こちらはTVシリーズでうぃす)


スポンサーサイト

見に行けてよかったですね
なんとなく全体的に、ナタ先生の期待や想像とは別の方向へ?
やっぱりあくまでもお子向け映画ということですかね。

コマさんがバトルに参加するシーンもあるのですね。
告知CMなどでは出番なさそうでしたが。
パンフの紹介も見てきました。
ウィスパーの案があんなにあったとは!
充実しているパンフですね~。

ともあれ、無事に見に行けてよかったです。
あ、平日だからちびっ子はいなかったかな?
あれ、みんな踊っているのかしら。
[ 2015/01/26 13:56 ] [ 編集 ]
ここだけの話…
フユヒさん、どもです~。

> なんとなく全体的に、ナタ先生の期待や想像とは別の方向へ?
> やっぱりあくまでもお子向け映画ということですかね。

いえいえいえ~、高橋源一郎さんほどのかたが「よく出来た物語になっていて、大人が観ても面白い映画になっていましたよ」とラジオで仰せだったのですが、その通り、TV版をよく知らないかたがご覧でも、とことん楽しめる巧みな構成になっていたと思います♪

ただ、TV版からあれこれ妄想を巡らして、過度の期待を抱いていたヲタク者には、ちりっとだけ物足りなかったかな…という感じで。(←一番メイワクなファン☆)

あと…。ここだけの話…。(もんげー小声になってる)…あの有名な…黒っぽいゆるキャラは……。
ぶっちゃけ、邪m…居ないほうが良かったかな~~と思ってしまひました☆

> コマさんがバトルに参加するシーンもあるのですね。
> 告知CMなどでは出番なさそうでしたが。

コマさんのバトルぶり、もんげー健気で、ハラハラしてしまいました☆
映画でも、安定の愛らしさだったでうぃす♪♪

> パンフの紹介も見てきました。
> ウィスパーの案があんなにあったとは!
> 充実しているパンフですね~。

あのページ、裏話も、たいそう興味深かったです♪
『いじられウィスパー』なのは、スタッフに愛されてるからこそ♪というのが伝わって参りました♪♪

> ともあれ、無事に見に行けてよかったです。
> あ、平日だからちびっ子はいなかったかな?
> あれ、みんな踊っているのかしら。

平日ではありましたが、レデースデ~だったので、多いかな…と思いましたが…。朝イチの回だったので、少なかったです。お子も静かにご鑑賞でありました。(リピーターさんたちだったのかも?)

そうそう、今思い出したのですが、冒頭、ケータきゅんが記憶を取り戻すシーン、OP曲と共に『これまでのあらすじ(ウィスパーとジバニャンとの出会い)』がものすごくイイ感じの再構成で流れて、あの場面だけでもすぐまた観直したい気持ちになっております♪

オロチ最終幕でもしみじみ思いましたが、短い尺で最大限効果的に見せる編集法、まさに神業…♪♪
[ 2015/01/26 17:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ナタ55

Author:ナタ55
敬愛する戦国武将は『明石掃部』様♪浦上・宇喜多・黒田、備前や播磨の歴史について勉強中です。
タナキヨ本舗(創作戦国マンガ個人誌☆タナベキヨミ直販)
↑個人誌(同人誌)の通販ページを作成いたしました~♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
あんず雨


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。