あんず雨

戦国時代マンガやミステリーのコミカライズを手がけております☆キリシタン武将・明石掃部様を敬愛しております♪♪

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

萌えツボ再認識

2015/06/04 16:13 ジャンル: Category:ドラマ
TB(0) | CM(4) [Edit]

ドラマといえばテレニューことテレ東ことテレビ東京の昼ドラしか観ていない最近のタナベ。
(『テレニュー』は『テレビNY』の略。最近、ニューヨークへのこだわりが強すぎて、あまりにNYNYな局になってるので☆)

先日まで放映の「ホワイトカラー」が終わり、(数々の放置シリーズがあるにも関わらず)まったく新しいシリーズとして始まったのが「キャッスル」。

キャッスル : テレビ東京

キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好き(WIki)

ぶっちゃけ、売れっ子作家のチョイ悪ヲヤジが、NY市警の美人刑事にちょっかいを出しながら、事件を解決していく…というドラマです。

「この二人、くっつきそうで、なかなかくっつかないんでしょ☆」というお約束は、まぁ、シリーズを長く続かせるキモなので、「ハイハイ」という感じなのですが…。

どうしてか、このチョイ悪ヲヤジと女刑事の組み合わせに、萌えをまったく感じないタナベ…。

「NCIS:LA」のディークスとケンジーや、「スターゲイト」(ドラマ版)のオニールとサムみたいな、「ああ~♪も~~、君たち、ずっと小ゲンカしながらじゃれ合ってなさい♪♪」という『この二人を、ずっと見ていたい感』がないのですよな…。

…「キャッスル」はまだ見始めで、それぞれのキャラが見え切ってないからなのかな…とも思うのですが…。

一つには、キャッスル(主人公・チョイ悪ヲヤジ)の『家庭』が見え過ぎちゃってるのがイカン気がするのです。しかも『イイ感じの家庭』が。
結婚には失敗してるけど、『パパ大好き』な良い子の娘と、ちょっとクセはあるけど愛情深い母親がそばに居る…という設定ゆえに、何だか『応援してあげよう感』に欠けるのです。

女刑事のほうは、悲しい過去(たぶん、家族が殺された…とか)があるようなのですが…。それがはっきり見えて来ても「うん…。オネーサン強そうだから、一人で頑張れるよね」的な雰囲気がありますし…。(偏見?)

まぁ、カップルのあれこれはさておき、私が「キャッスル」に感じている最大の不満ポイントは…。

殿方同士の友情場面が無い。

というところなのです。
ここ大事、ここ、かなり大事なのです!!

思えば「キャッスル」の前の「ホワイトカラー」は、友情萌えの宝庫でありました…。(遠い目)

ホワイトカラー:テレビ東京

ホワイトカラー (テレビドラマ)(Wiki)

主人公の元詐欺師(現FBIのコンサルタント)ニール・キャフリーが変にイケメンなので、もう一人の主人公のFBI捜査官ピーター・バークと、ホニャララ…的な妄想を呼びやすくはあったのですが、私的には、あくまで『健全な友情』。(お互いの立場上、信頼が揺らぎつつ…ではあったものの)(←ある意味、ここもツボ♪)

で、このメインの友情に加え、ニールの長年の相棒モジーとの友情が、またツボでツボで…♪♪(思い出しホノボノ)
うん…。モジ―の場合は、単なる友情というより、もっと家族愛的な、温かな雰囲気があるのですよな…。

(『ホワイトカラー』思い出し萌え中)

思えば…。ダイアナとニールの間にも友情っぽい雰囲気が通っていたなぁ…。ダイアナの『レズビアン』という設定が、彼女のりりしい風貌と相まって、キャラに深みを与えておりましたし…。
序盤のほうであった、ニールとお互いの過去を語り合うシーン、深イイ雰囲気で忘れがたいです♪

あ、サラとニールのカップル萌えも記載しておかねば♪「最初、敵同士だった二人が、やがて惹かれ合い…」という展開、ベタだけど、激ツボなのです♪♪
エンパイアステートビルのプロポーズ、素敵だったなぁ…。(思い出しウッッットリ…)
本当に、『本当のプロポーズ』だったらよかったのに…。あの切ない感じも、また余韻なのですよな…。

アレックスとニールの『悪党同士の大人なドライ恋愛』も、如何にも欧米ドラマ的でイイな~とも♪(あの関係性、日本ドラマでやったらかなり嘘っぽくなるだろうな…。『軽妙さ』が演出できなさそうで…☆)

…あれ?『ハッピーエンドになりにくい男女ラブ』って…友情萌えに近いものがある…ような…??(だから悲恋好き??)

「キャッスル」への不満から「ホワイトカラー」憧憬へ移行してしまいましたが…。
とにかく!殿方同士…と申しますか、性別云々に関わらず…。私にとって重要なのは、とにもかくにも『友情萌え』。

自分、とことん『友情萌え』で楽しみたいのだ…と再認識できただけでも、「キャッスル」有り難し!という気持ちに。(コラコラ)

…それはそうと…。
テレニューさん…。たまには『LAへのこだわり』も、思い出してクダサイ☆






↑コンプリートBOX…。ちょっとだけ、欲しいゴコロがうずうずと☆



スポンサーサイト

なるほど、大変興味深い
とても興味深く読ませていただきました。
キャッスル不満吠えからのホワイトカラー情景(笑)。

ホワイトカラー、ところどころチラ見しただけなのですが、ナタ先生には萌えポイントがたくさんあったのですね。
キャッスル、本国ではS8まで決定しているのですよねぇ。
しかも主演二人が、ギブスの中の人に迫るギャラらしいです。
えー、そんなに(面白いドラマか)?

あ~~~、なるほど、「殿方同士の友情」。
別にもちろん腐ってなくても全然いいので、男性同志の横のつながりを見たいですよね。
縦でもいいですが。
そうか、キャッスルにはそれがないのかぁ。

来月はやはり『エレメンタリー:ホームズ&ワトソン』のようです。
ホームズとワトソン・・・・・・・・・・ワトソンが女性ってwwwww
男性コンビでもなく、ロンドンでもなく…それってもうシャーロック・ホームズ関係なくね?という。

今月・来月のナタ先生のランチタイムが心配です。
8月はハンプトンズだといいのですが。
[ 2015/06/05 15:13 ] [ 編集 ]
S8まで決定~~!?
フユヒさん、こんばんは。

> とても興味深く読ませていただきました。
> キャッスル不満吠えからのホワイトカラー情景(笑)。

駄文をご覧いただき、どうもありがとうございます!
海外ドラマにお詳しいフユヒさんにご覧いただけて、書いた甲斐がありましたですー♪

> ホワイトカラー、ところどころチラ見しただけなのですが、ナタ先生には萌えポイントがたくさんあったのですね。

実は私も、ニールの風貌自体は『いかにも…なイケメン(あざとい)』という印象で、ついに好きにはなれなかったのでうぃす。

ピーターとのやりとりも「腐向け、狙い過ぎじゃね?」という感じで引き気味だったのですが、作り手としてはあくまで『友情』という節度を保ってるのが好印象で(ピーターの『愛妻家』という設定とか)(←これはこれで、あざといのですが☆)、見続けているうちに情が移りました☆
ツッコミどころはありつつ、毎回、『頭脳戦』な展開が好みでしたし。(ハラハラさせてくれましたし♪)
『オモシロどころ、押さえるところは、きっちり押さえる』という徹底したエンタメ・ドラマ作り、やはり米国は上手いな…と思います。

> キャッスル、本国ではS8まで決定しているのですよねぇ。
> しかも主演二人が、ギブスの中の人に迫るギャラらしいです。
> えー、そんなに(面白いドラマか)?

「えー、そんなに(面白いドラマか)?」…同感…。同感でうぃす…。ってか、『ギブスの中の人に迫るギャラ』ですと!?
そんなに魅力的か…?あの二人…。(小声)

…これ、日記本文に書きそびれ…と申しますか、『娘』のハナシは避けた方がいいな…と思ってやめたのですが、キャッスルの、娘とのやりとりがちょい鬱陶しいのですよ…。
1シーズンに数回くらいならいいのですが、毎回、娘とのキャッキャじゃれ合い褒め合いシーンがあるのかと思うと、かなりウンザリで…。(それがイイ♪という視聴者が、大半…なのかな…)(そういえばあれ、デずニ~~がらみドラマなのですか?『家族描写バンザイ』なのはそのせい??)

我ながら、もんげーヤバい思考なのですが、『キャッスルの娘が惨殺される展開』とかになったら、初めて『キャッスルというキャラクター』に興味持つかもな…と。(…うう…。ヤバいな…。でも書いちゃった…)(コメント欄だから…という甘え)

これもスゴイ言い様なのですが、ギブスに惹かれてしまう要素の一つが、やはり、あの『悲しい過去』なのですよ…。
愛する家族の命を奪われ、復讐は果たしたけれど、『絶対に家族は還って来ない』という虚しさを抱えたまま、『正しさと誇り』のために生き続けて行かなければならない(しかも部下の心配もしなくちゃいけない)…という、壮絶な設定。(『タフガイ』などという響きも、甘ちょろく思えるほどの設定ですな…)

『毎回、愛娘とじゃれ合ってるようなチョイ悪ヲヤジ』などとは、同列にすらならない…という印象です。(あくまで個人の感想です)(←スゲー卑怯)

…うむ…。私、『チョイ悪』って嫌いかも。『悪』なら『悪を極めて』ほしいかも。(でもやっぱり、イイ人が好き♪)

とにかく、今のところ「キャッスル」には萌えドコロより、苦手ドコロのほうが増えてしまってる感じで…。
あれ、娘が中途半場な年齢…というのもダメなのかも…。おしゃまな5、6歳くらいの天使ちゃんだったら、むしろ萌え萌えで見ちゃってるかも…。

> あ~~~、なるほど、「殿方同士の友情」。
> 別にもちろん腐ってなくても全然いいので、男性同志の横のつながりを見たいですよね。
> 縦でもいいですが。
> そうか、キャッスルにはそれがないのかぁ。

> 縦でもいいですが
↑イイ感じの『縦』がギブスとディノッゾかなー♪
「マイアミ」のホレイショとデルコは、ある意味、濃過ぎ☆(でも好き♪)

> 来月はやはり『エレメンタリー:ホームズ&ワトソン』のようです。
> ホームズとワトソン・・・・・・・・・・ワトソンが女性ってwwwww
> 男性コンビでもなく、ロンドンでもなく…それってもうシャーロック・ホームズ関係なくね?という。

ああ…。あの「どう…して?『ホームズ』の萌えポイントを全否定する設定に…ナゼ?」というアレなのですな…。(虚ろ目)

> 今月・来月のナタ先生のランチタイムが心配です。
> 8月はハンプトンズだといいのですが。

ご心配いただき、どうもありがとうござりまするー♪
…思えば、セガ~~ルの時は、最初の2回くらいを見た後、テレビすらつけなくなっておりましたので、事と次第によっては、またそうなる気が…。
すでに「キャッスル」、もうあまり画面、見て…な…い…。(視線はゴハンに固定☆☆)
[ 2015/06/05 21:50 ] [ 編集 ]
キャッスル
気になって2,3回見てみました。

キャッスルの家のシーン、いらねぇぇぇ。
やっぱり「ネズ屋」が絡んでいるので、ほのぼのシーンが必要なのですかね。
娘惨殺は無理でも、誘拐ぐらいなら……。
マザーが事件に巻き込まれるとか。

キャッスルとベケットに深みも興味も感じませんでした。
狂言誘拐の話を見たのですが、ベケットが過去に誘拐された子を救出できなかったというのも、なんだか取ってつけたような…。

主役男女より、ライアンとエスポジート(?)というほぼ背景みたいな刑事コンビに視線が行ってしまいました。

刑事って二人一組かそれ以上で動くのが鉄則ですよね。
キャッスルが相談役だからって刑事とコンビで事件現場まで行くなんてありえなさ過ぎやしないかと。
刑事が素人連れて単独行動しているようなものじゃないですか。
もしまたこのドラマをちょっと見てみようかな~という時には、私はライアンとエスポジート(?)を脳内で勝手に主役に置き換えたいです。



・・・・・・・などと言っていますが、たしかにセガールよりはまぁね(笑)、いいかなという感じですね。
[ 2015/06/14 14:41 ] [ 編集 ]
セガ~~ルよりは…と思ふしか…
フユヒさん、こんにちは。

> キャッスルの家のシーン、いらねぇぇぇ。

↑ですよね、ですよねーーー!!『うざい』という言葉は、あまり使ってはいけないと思いますが…。
「あのシーン、正直、うざい」が、まこと正直な気持ちです…。

> やっぱり「ネズ屋」が絡んでいるので、ほのぼのシーンが必要なのですかね。
> 娘惨殺は無理でも、誘拐ぐらいなら……。
> マザーが事件に巻き込まれるとか。

娘誘拐はフツーにありそうな…。娘のカレシが実は本当に殺人鬼で、娘危うし!な話は面白そうかも☆(悪タナベ)

> キャッスルとベケットに深みも興味も感じませんでした。
> 狂言誘拐の話を見たのですが、ベケットが過去に誘拐された子を救出できなかったというのも、なんだか取ってつけたような…。

仰せの通りー!なるほど、過去の誘拐事件で…という設定、『取って付け』とうかがうとピンと来まするー。
ちなみに、ベケットの元カレのほうを応援したいです☆チョイ悪ヲヤジは、金目当ての取り巻き女子たちと、ずっと遊んでればエエのじゃ…。

> 主役男女より、ライアンとエスポジート(?)というほぼ背景みたいな刑事コンビに視線が行ってしまいました。

あの二人、イイ感じなのですが、『キャラ』が出るほどの登場場面が無く、もったいない感じです。
「ホワイトカラー」では、同じ立ち位置キャラのダイアナもジョーンズも早い段階で、主人公たちとの距離感や思いや、それぞれの『キャラ』が出る場面があって、親しみが倍増したのですが…。

> 刑事って二人一組かそれ以上で動くのが鉄則ですよね。
> キャッスルが相談役だからって刑事とコンビで事件現場まで行くなんてありえなさ過ぎやしないかと。
> 刑事が素人連れて単独行動しているようなものじゃないですか。

おおおぅ…その根本のツッコミどころ、気づいておりませんでしたー!
「ホワイトカラー」でもピーターとニールだけで容疑者のところへ乗り込んでた場面がよくがありましたが、そういう時は、外のバンにダイアナたちも居て会話を傍受してたしなぁ…。

> もしまたこのドラマをちょっと見てみようかな~という時には、私はライアンとエスポジート(?)を脳内で勝手に主役に置き換えたいです。

私も、今日からそお方向で見てみたいです♪

> ・・・・・・・などと言っていますが、たしかにセガールよりはまぁね(笑)、いいかなという感じですね。

ですですー。貴重なお昼のドラマタイム、何とかして楽しみたいです。
でもテレニューさん、早く『LAへのこだわり』も思い出して…。
NY本拠でも良いから、 ハンプトンズやD.C.へも遠出して…。(涙目)
[ 2015/06/15 10:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ナタ55

Author:ナタ55
敬愛する戦国武将は『明石掃部』様♪浦上・宇喜多・黒田、備前や播磨の歴史について勉強中です。
タナキヨ本舗(創作戦国マンガ個人誌☆タナベキヨミ直販)
↑個人誌(同人誌)の通販ページを作成いたしました~♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
あんず雨


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。